2017年9月26日火曜日

High SierraへのMacPortsインストール

現時点(2017-Sep-26 13:00)ではまだMacPortsのバイナリはリリースされていない。なので、ソースからインストールする必要がある。

The MacPorts Projectの以下のページでソースからのインストールの説明がある。
https://www.macports.org/install.php

どちらかというと、以下のページがわかりやすくていいと思う。
https://www.ghostwheel.com/merlin/Personal/notes/2017/09/15/installing-macports-on-macos-high-sierra/

ソースからのインストールに必要なのは、Xcode9とCommand Line Toolsである。

自分はXQuartzをインストールするところから行ったので、以前に入れたPortは全部破棄したので、GIMPもInkscapeもMyPaintもあとからインストールすることになる。面倒だが、ごみファイルを減らすこともできると考え、OSが新しくなったのだからGIMPもInkscapeもMyPaintも新規インストールして行こう。

macOS High Sierra

インストーラのダウンロードはした。
APFSという新しいファイルシステムが気になる。

High SierraはSSDなどのフラッシュストレージ向けに最適化されているmacOSで、いろいろと面白いことになりそうな予感はする。

しかしそういう面白さよりも、現在使っているソフトウェアがHigh Sierraで問題なく動作するかが肝心なのだ。動かなければEl Capitanに戻すのみ。

USBメモリにインストーラを入れ、インストール用のメディアを作成しておく。USBメモリのサイズは8GBの物でいい。なるべく高速なタイプを推奨。


USBメモリは初期化し、Untitledという名称になっている。このボリュームへインストーラを入れる。ターミナルでのコマンドは以下のように(先頭の $ 以降のsudoから始まる一行なのでそこのところは注意、途中で切らないこと)。

$ sudo /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Untitled --applicationpath /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app --nointeraction

実行すると管理者パスワードを入力するよう求められるので、ログイン時の自分のパスワードを入力してリターンキーを押して実行となる。

あとはこのUSBメモリのインストーラから起動して、インストール作業を開始するだけ。

起動したインストーラにあるディスクユーティリティを使い、インストール先のSSDを消去してAPFSにフォーマットしてしまってからmacOSのインストールをしていく予定にしている。もちろん、外付けのHDDにバックアップも作成済みだ。その他のデータやファイル類もアーカイブ用のドライブに入れてある。

2017年9月23日土曜日

そんなにポリ袋が欲しいのか

某大型店舗での出来事。

食料品売り場にて、ポリ袋を盗んでいく中年女性を目撃。
そのポリ袋とは、精算を終えた後にカゴから袋に詰め替えるための台にある小さなポリ袋のロール。買った食料品を袋に小分けしたりするアレだ。

買い物をしたわけでも無いのに、そのポリ袋を大量に持って行こうとしている現場を見てしまったわけである。絶対にこういう人に関わってはいけない、そういう気がする。


「それ、食べるのか?」って声に出るところだった。

2017年9月18日月曜日

ハウリングを起こしている補聴器の人

先週に行った定期診察でのこと。
診察の順番を待っていると、どこからともなくピーという高い音が聞こえて来る。最初は自分の耳鳴りなのだろうと思ったがどうも違う。前の席に座っている高齢の男性から聞こえてくる。これはたぶん補聴器のハウリングだろう。かなり大きなハウリングの音なのだが、その補聴器を装着している本人は気づいていない雰囲気だった。

たのむから看護師の人がそういうの(ハウリングが起きていること)を本人に説明してくれと思う。いや、下手に指摘したりするとトラブルになりかねない場合もあるから、我慢するしかないのかもしれないが。
近頃の老人はキレやすいとも聞く。もちろんすべての高齢者がキレる老人な訳ではない。それはわかっている。
しかし、不用意に踏み込むと危険である可能性が高い。噛み付く相手にわざわざ噛みつかせる手を差し出すような愚かなことはしない。救いを求める相手にだけ手を差し伸べればいいのである。「助けて」でもいい「助けろ」でもいい、「助けろよ、このクソどもが」でもいいだろう、助けを請うものの手助けを行うことを拒否はしない、……という崇高な人間を2000メートル離れた場所で、冷えたまずいコーヒーをすすりながら眺めたい。

定期診断の結果とその他

 先週に行ったバセドウ病の定期診断の結果、甲状腺刺激ホルモンは正常範囲内にあるとのこと。投薬治療がうまくいっているわけだ。

 これで寛解ということになるかと思ったが、担当医から「再発の恐れが捨てきれない」「もう少し投薬を続けて経過を見たい」ということになり、さらに3か月間の投薬が続くことになった。副作用らしきものは出ていない様子なので、問題はないだろう。

 ただし、別の問題も現れてきている。コレステロール値が高めなので、食事にはもっと気を使うようにと注意された。高脂血漿改善の薬も処方された。7月と8月は食生活がめちゃくちゃだったことが大きな要因だろう。普段はあまりアルコール類を口にしないのだが、缶ビールや缶酎ハイの消費量が増えている。
  食事(自分以外の食事)の支度やその買い物に時間を取られ、自分の時間が削られていくというストレスからまともな食事ができていないことは理解できている。できているが高ストレス環境下でまともでいられるわけがない。
 インスタントラーメンかパンだけという食事ばかりなのである。簡単に早く食べられて食器を洗う手間がない、それが利点であるが健康にいいはずがない。だがしかしタカキベーカリーの「豆乳ブレッド」というパンの美味しさから逃れられない(カロリー高めだが美味すぎる)。

 毎日毎日、周囲の人間がなにかやらかすので、その後始末や尻拭いでイライラしている。毎日何か余計なことをやらかしている当の本人に問題があるのだが、自分は完璧だと思い込んでいるから始末が悪い。毎日毎日イライラする、小さなイライラもそのストレスが解消されなければ大きな怒りの塊になっていくわけで、今それがかなり大きく育ってきている。それはもう巨大なストレスの塊だ。


 
 怒りに任せて、何か蹴ったり殴ったりしたい。そういうストレス発散グッズが欲しい。

作業再開

ずいぶん作業をしていなかったが、ようやく再開。
なぜ何もしていなかったかと考えるが、単純に面倒だったからとしか言いようがない。言い訳は100程度は思いつくが、作業をしているMacの性能に限界を感じることが多々あったためということに尽きる。


先週、Mac mini Mid 2011 Core i5 2.3GHzを作業用に購入し、ストレスなく重たい作業を行える環境になった。今まで使ってきたiMac Early 2009よりも約1.9倍のパワーアップ相当なので、作業していてもそれは実感できる。もっと高性能なマシンが欲しいが、経済状態が悪いのでそんな無理はできない。Mac mini Mid 2011は中古品の購入だったが、かなり満足できる性能だ。メモリを16GBに変更すれば完璧(だいたい12000~15000円くらいの価格だが、もう少し安価になって欲しい)。

2017年9月17日日曜日

ロジクール M590

ロジクールのM590というマウスを購入したのだが、まだ使っていない。とにかく重いのだ。

何が重いというと、本体の重量そのものが重い(公称で101g)、というか重いと感じる。マウスの右側面が異様に滑りやすくしっかりと掴めない。そのため薬指や小指に余計な力が必要。単3電池を1本使うので軽いかと思ったが、マウス内に何か重りでも入れてあるらしく重い。重心が右すぎでさらに右側面が滑りやすい。
公称で101gということだが、重心が右側に極端にずれているのでやたらと重く感じるのである。

M590は静音マウスで、左右のクリック音がとても小さい。そしてクリックのON/OFFのストロークも短い。この部分だけはものすごく好みではある。だが、上記の通り重くて重心が右すぎて使いにくくなっている。そして右側面が滑りやすい素材。
手汗が多めで、常にしっとりじっとりした指の人にはとても使いやすいかもしれない。

Logicool  FLOWという機能を使ってみたかったのだが、マウス本体が自分には合わないので断念。G403WLを買うべきだった。