2015年1月29日木曜日

OS X10.10.2 アップデートとTrimについて

OS X 10.10.2アップデートをインストールした。
今のところは何も問題はない、問題が起きてもらっては困る。Wi-Fiの安定化とかBluetoothの安定化とか、いろいろとアップデートされているらしいが、もともとWi-Fiは問題なかったので、よくわからないというのが本音ではある。一部のユーザはまだWi-Fiに問題を抱えているとのこと。


アップデートする際に気をつけたいのが自力換装したSSDへのTrimコマンド有効化に関する部分だ。

OS X 10.10.2にアップデートする前にしておかねばならないことがある。
自分で換装したSSDを起動ディスクに使っていて、Chameleon SSD OptimizerでTrimコマンドの有効化を施している場合、そのアプリケーションでTrimコマンド有効化をオフにしてシステムを再起動。

再起動が完了してからOS X 10.10.2 のアップデートを行う。

インストール直後に行われる再起動時に、 command + r でリカバリーモードに入り、ターミナルで次のコマンドを入力し実行。
$ nvram boot-args
kext-dev-mode=1 が出力されたならば、シェルを閉じターミナルを終了させシステムを再起動。問題なく起動するはずだ。
もしも上記のコマンドを実行して error getting variable と出力される場合、そのまま起動ボリュームからのブートを行うとブロックサイン(白丸にスラッシュ)が出て起動不可になっているはずだ。
起動できなくなっている場合は修復作業が必要となる。

Chameleon SSD Optimizerのサイトに書かれている復旧方法を簡単に書くと、
(http://chameleon.alessandroboschini.com/faq.php)
まず command + r でリカバリモードで起動し、
強制的にIOAHCIFamily.kextを削除、(起動ボリューム名はMacintosh HDにしているが、自分の使っているMacの起動ボリューム名にすること)
$ rm -rf /Volumes/Macintosh\ HD/System/Library/Extensions/IOAHCIFamily.kext

次にリカバリボリューム内のIOAHCIFamily.kextをコピー、
(FAQのページでは cp の引数は -r となっているが -R と記述、気になるなら -r のままでいい (今のところは、だけど)
$ cp -R /System/Library/Extensions/IOAHCIFamily.kext /Volumes/Macintosh\ HD/System/Library/Extensions/IOAHCIFamily.kext
ここで注意したいのは、リカバリボリュームがYosmite版であることが必須条件になるかもしれないということ。比較したわけではないが、旧OSのリカバリボリュームのままであった場合、IOAHCIFamily.kextの中身がYosemiteと同一のものである保障などないからだ。

続いて、タイムスタンプの更新
$ touch /Volumes/Macintosh\ HD/System/Library/Extensions

そしてシステムキャッシュの再構築
$ kextcache -u /Volumes/Macintosh\ HD

その後再起動させ、Chameleon SSD Optimizerを使ってTrimコマンドの有効化をして完了

Volume名にしている Macintosh HDMacintosh\ HD と記述。\(バックスラッシュ)が¥(Yen)と表示されているかもしれないので注意。

Trim Enablerの開発元による復旧方法によるとプレリンクカーネルの作成作業が必要らしいが、Chameleon SSD Optimizerの開発元FAQに書かれていない対処法は試してない。

Trimコマンドの有効化後にブロックサインが出て起動できなくなる場合は kext signing と呼ばれている操作が必要になる。コマンドはすでに上記に。
command + r でリカバリモードで起動、touch コマンドでタイムスタンプの更新、続いてシステムキャッシュの再構築を行ってから再起動。こちらもFAQのページに書かれてある。

2015年1月24日土曜日

他者に対する怒りで前進するな

以前、「怒りを自分のエネルギーにして進め」とどこかで言ったことがある。このことに関してかなり勘違いした人や解釈を誤った人がいたようなので、ここで改めて説明することにした。

怒りというのは、自分自身に対する怒りのことで、他者に対する怒りなどではない。自分に問いかけ、そこから生まれた自分への怒りのことだ。

自分に対してもっと怒れ、何もしない自分に怒れ、逃げようとしている自分に怒れ、諦めようとする自分に怒れ。自分の限界を勝手に線引きする自分に怒れ。

下を向いて前進するな、顎を上げて前を見ろ。
そういう怒りを燃料にして前進しろと言いたかったわけなのだ。 

「もうできません」とか「もう無理です」とか弱音を出すんじゃない、もう一歩くらい進めるだろう。そこが限界なんかじゃないだろ。
絞り出せ。

2015年1月13日火曜日

OS X YosemiteのWi-Fiを安定化する

OS X Yosemite、Wi-Fiの電波が安定しないという現象になっている人は多いということらしい。劇的に改善させる方法、とまでは言えないが、SNRが一定間隔で極端に落ち込むような現象に遭遇しているならば、以下の方法を試してほしい。
自分の環境では劇的にWi-Fiが安定している。

簡単に書くと、
IPv6をオフにしてから、またオンにする。それだけ。
IPv6を使っていないならオフのままでいいだろう。
オフから再度オンにしたなら、ローカルエリアだけでの使用にしておくのでもいい。

当ブログの以下の記事に書いたように、IPv6をいったんオフにしてから……
使用していないIPv6を無効に
http://barry-tangram.blogspot.com/2014/09/ipv6.html

……次にシステム環境設定のネットワークの設定で[Advanced...]をクリックし、IPv6をオフにしていたのを再設定して再びオンにするでもいいし、この設定をいじらずにそのままにしておくでもいい。


以下にIPv6をオフにした後にまた戻す手順を。
 【OFFにしていたWi-Fiの設定を変更するため [Advanced...] をクリック 】




 【オフにしたIPv6の設定を変更する】



 【変更を適用させる】



 この後は、システムを再起動させておくこと。Wi-Fiの状態をモニタできるソフトで状態を見てみると、それまで一定間隔でノコギリ状に荒れていたSNRがとてもなだらかになったことがわかる筈だ。

使用したWi-Fiのモニタリングソフトは WiFi Signal 。  App Storeで入手できる。


三ツ矢サイダーのお供に

三ツ矢サイダーといえばサイダーの頂点(ローカルエリア内で)。

このサイダーに合うおつまみは何かないかと試していましたが、意外な食品が個人的にベストマッチした。その食品は「らっきょう」です。らっきょうの漬物のこと。甘酢に漬けたらっきょうです。

今回試したのは、
鳥取県福部町産・砂丘らっきょう甘酢漬け

らっきょうの漬物をぽりぽりと食しながら、三ツ矢サイダーを飲む。これが旨い、旨いったら旨い。

らっきょうの漬物を食べたあとの、ほのかな苦味が舌に残っているところで三ツ矢サイダーを飲む。旨い。




2015年1月11日日曜日

ノードが2つ重なった部分を1つにする

Inkscapeでの作業中、オブジェクトのノードの色が他のものよりも薄かったり、また、ノードのサイズがやや小さいものが見つかることがある。この異なる見た目のノード、実は面倒なことになっているノードだった。





ノードを表示させないとそこに妙なノードが存在していることには気づかない。見た目には何も違いはない。


ノードを表示させてみると、他のノードよりもやや小さく表示されているものがある。

このノードをクリックしてドラッグしてみると……
 実は2つのノードが同一位置に重なり合っていたことがわかる。


この重なっているノードを選択状態にして……


2つのノードを結合させる。
(一度ノード間を切断してから結合させるというやり方もある)


結合されて1つのノードに。


この重なったままになるノード、ストロークからパスに変換した際に出来やすい。さらに、その変換したパスに更にストロークを描画したりする際にこういった2重になったノードができてしまう。今回のものは2つのノード間が繋がった状態のものだったが、たまに切り離された状態のものがあったりもする。
こういった状態のノードを早めに見つけて修正しないと、積もり積もってめんどくさい状態になることもある。

2015年1月7日水曜日

OS X Yosemiteは大騒ぎするほどの悪い出来か?

OS X Yosemite、実は世間的にかなり評判が悪い。
OS X Mavericksよりも悪い。

何故だ?

iMac Early 2009でYosemiteを使っている。自分でSSDに換装したため、TRIMコマンド有効化後にブロックサインが出てしまった際の復帰が面倒であること以外、これといった大きな不満や不安はなく、概ね満足しているといったところだ。体感的にもはっきりわかるほどに挙動が良く、Mavericksよりはシャープな感じがする。Mac OS X Snow Leopardと比較しないという条件付きだが、かなり満足している。

満足していな部分を挙げてみると、
・フォルダアイコンの色が明るいので、違和感がある
・アプリケーションウインドウの半透明部分は不要
・Dockの背面が明るすぎる

どれもUIデザインに関するもので、直接的なOSの機能とは大きく関係しない。やる気があればなんとか修正できる範囲だ。アイコンとかは自分で変更できるし、ウインドウの半透明部分は「慣れ」の問題だろう。Dockの背面が明るいのは…… もう慣れたので問題にするほどの事もない。

不具合あれこれの件だが、ほとんどはユーザの不慣れがある。理解できていなかったり使い方そのものを誤解していたり、機器の不具合などの故障まで含めたハードウェア的な問題をOS X Yosemiteの問題であるとしていたり。

○ そのマシンのHDDは傷んでいるか壊れてきている。さっさと新品のHDDに換装しろ
○ クリーンインストールしたのにタイムマシンでバックアップを戻したら無意味
○ 対応していない古いソフトに不具合が出るのは想定範囲
○ メモリ圧縮に任せておけばいい、purgeコマンドとか使うなバカ
○ 特定のデーモンが暴走した原因の根本はユーザが使用している「何か」だ
○ ライブラリやソフトウェアなどに変更を加えたなら、面倒でも再起動しておけ
○ システムフォントが気に入らないのは不具合とは呼ばない
○ 新規ユーザを作成して問題が出ないなら、問題があるのはお前の環境下に有る「何か」だ
× 冷蔵庫に入れてあったハーゲンダッツのラムレーズンを食べたのは私ではない
○ 新しい機能や変更された操作に関して不慣れなままなのは、あなたが「老化」したから

2015年1月3日土曜日

キジは日本の国鳥ですよ

新年早々ブチ切れそうになった。
いやいや、落ち着こう。

auのCM、「あたらしい英雄・桃太郎」編。
桃太郎と金太郎と浦島太郎の3人が川の土手を歩いている。桃太郎の猿と犬と雉の話になって、雉不要論というかそんな話になって、金太郎が熊を貸そうと言い始めるというCMだ。

どこまで馬鹿にするつもりだ。

ネット右翼の気持ちが少し理解できたかもしれない。

他者を侮辱する者は、侮辱した相手に殴られる理由を理解できているということだ。殴られても文句は言えないだろう。

 実に不快で不愉快だ。
だが自分は右にも左にも加勢はしない。遠くから強い視線で見つめ続け、そして記録する。

2015年1月1日木曜日

新年の挨拶にふさわしくはないが2015

新年明けましておめでとうございます。
頑張っている人は一休みし、頑張っていない人は頑張れば大吉。

昔から、
水清ければ魚棲まず何てことをいうが、新年早々にこう言わねばならなくなっていることが残念だ。眼に映る悪いものを排除しても誰も幸せにはならない。清らかな世界ってのはごく一部の人だけが得をする世界でしかなく、平和とか平等とかとは全くかけ離れたものだということだ。
平和ではなく安全を願い、平等ではなく同権を求めていればいいんじゃないかと思う。

未舗装の道路から大きな障害物を取り除き「これで大丈夫」とか言っておきながら小石が邪魔だと言い始める。小石を取り除いて「これでもう大丈夫」といいながら、砂粒や土くれが邪魔だと言う。舗装して綺麗な道路を作って「どうよ、これで十分」何て言いながら「舗装面がなだらかなめらかでないのでダメだ」と言う。凹凸を埋めなだらかにして「完璧だ」といいながら「表面がザラザラしている」と言う。傷ひとつないピカピカツルツルの路面がついに出来上がってしまうことになる。
その道路は綺麗すぎて、使えば痛むし汚れるから、だれもその道を使えないし使わない。

悪いものを探してそれを排除しても、その結果が良いものになるとは限らない。 目くじら立てて「禁止!」とか「排除!」とか言わないでほしいものだ。危急では無いものまでも、とにかく何でもかんでも排除しようとするのはやめてくれ。一線を引くだけで解決できるものがほとんどなのだ。一線を引いてそこから先には関わらないようにし、棲むところを分けてしまうのが一番宜しい。一線の内側に入り込むなら元の場所に戻すのが良いだろう。区別とか区分けという考え方だ。

お客さんが来たので、散らかった部屋のあれこれをクローゼットに全部押し込んでごまかしていることを正当化しようとしているのではない。ごまかしてなどいない。