2015年3月26日木曜日

Firefox 36.0のキャッシュをRAMディスクに入れて高速化

恥ずかしいことにFirefoxに関して全くの知識不足で、RAMディスクの設定関連で色々と間違いやおかしなところがあった。設定されている数値が正しいもののはずのだが、テキトウな実測値を規定値にしたのがバカの始まりだったわけで。

今回はそれらの間違い部分を完全に直して、快適なFirefox環境をつくることにする。

定番のRAMディスクにキャッシュを入れることから始めることにした。

RAMディスクの利点はとにかく早いことであり、SSDへの書き込みを減らして負担を軽くするという目的もある。それと、Webブラウジングがかなり快適になる。キャッシュの書き込みと読み出しが非常に早いので、結果的に表示も操作性も良くなる。

Firefox 36.0のキャッシュファイルをRAMディスクに入れるために、以下の事が必要となる
・OSの起動完了後、RAMディスクを作成しHFS+フォーマットでマウントさせる
・Firefox側の設定を変更し、Storage disk locationの場所をRAMディスクに変更する


【OS X起動後にスクリプトを実行させてRAMディスクを作成・マウント】
RAM Diskを作成してフォーマットしてマウントさせる

540 MBのRAMディスクがあれば他の目的にも使えるだろうと考え、以下のように、
540 x 1024 x 1024 ÷ 512 —> ram://1105920
(360 MiBにする場合は ram://737280)

そこで、シェルスクリプトは以下のようになった


#!/bin/sh

NUMSECTORS="$(hdiutil attach -nomount ram://1105920)"
diskutil eraseDisk HFS+ TEMP_Disk $NUMSECTORS



実際に出来上がるRAMディスクのサイズはSI接頭辞だと566.2 MBになる。2進接頭辞で540 MiB となる(で、いいのかな?)。


【OSの起動後に自動でRAMディスクをマウントさせる】
このシェルスクリプトをAutomator.appでミニアプリ化して、起動時に読み込ませるようにする。

下記リンク先は自分の倉庫にしている所で、今回作成したミニアプリを置いておく。 RAMDiskMount540MiB.zip とRAMDiskMount360MiB.zip というのがそれ。それぞれ540 MiBと360 MiBのRAMディスク用のもの。

https://sites.google.com/site/bzgbg1606warehouse/home/openwarehouse/


RAMディスクマウント用のミニアプリをアプリケーションフォルダに置き、システム環境設定の User & Groups にある Login Items に登録して完了。

これで起動時にこのアプリが動作してRAMディスクをマウントしてくれる。

Macを再起動させて、RAMディスクがきちんと作成されてマウントされているかをチェック。


【Firefoxのキャッシュの置き場所を変更する】
マウントしたRAMディスクをFirefoxのキャッシュ置き場にするために設定を書き加える
アドレスバーに about:config と打ち込んで詳細設定を表示。

その画面上で右クリック、

出てきたメニューから New > String と進んで、
browser.cache.disk.parent_directory
と書き込んで OK をクリック。


続いて、RAMディスクのディレクトリの /Volumes/TEMP_Disk と書いて OK をクリック。

間違いがないか確認してからFirefoxを一旦終了し、再度開く。


【Firefoxのキャッシュサイズを任意で変更】
キャッシュのサイズはFirefoxの環境設定から行える。未設定だと200MB。ここではSI接頭辞で記入。


アドレスバーに about:cache と入力し、diskの項のMaximum storage sizeで確認できる。

環境設定からキャッシュサイズを300MBにしたのなら、ここでは 307200 KiB と表示される。

実際に設定した容量まで書き込めるのか、それと溢れた場合はどうなのかを試してみたのが以下の添付画像。

設定した容量までちゃんと書き込めることを確認した。溢れた分はハードドライブ(HDDとかSSD)に書き込まれるのだろう(行き先未確認)。

オフラインキャッシュの置き場もRAMディスクに変更されるので、これも適当な値にする必要があるが、自分はほとんど使わないので 204800 KiB に設定。 about:config から browser.cache.offline.capacity の数値を 204800 にするだけ。本当に使わないなら browser.cache.offline.enablefalse にすればいいのでは(未確認)。



【キャッシュに指定したサイズ以上のメモリを使った場合どうなるか】
クラッシュするわけでも動かなくなるわけでもない.。

【RAMディスクがマウントされていない状態ではどうなるか】
メモリだけを使うモードになり、ディスクキャッシュとアプリケーションキャッシュを使わない。

【閲覧履歴を残している状態でシステムを再起動した場合はどうなるか】
履歴はメインのストレージ側に残るが、表示するコンテンツのキャッシュは残らないので、ページの再読み込みとなる。

【閲覧中にRAMディスクをアンマウントしたらどうなるか】
問題ないと言えるかどうかは表示しているコンテンツ次第。静的なページならRAMディスクがいきなり喪失してもページをリロード(再読み込み)すれば問題ない。
動画を見ている最中とかブラウザゲームとかだと困ったことになるのは想像できる。

【RAMディスクがない状態で使ってその後RAMディスクをマウントしたら】
RAMディスクがあることをFirefoxが認識していても、それを使ってくれないことがある。
Firefoxを一旦終了して再び開いてもRAMディスクを使ってくれない状態ならば、システムの再ログインか再起動。


2015年3月19日木曜日

Macにカラープロファイルを追加する

Macで使うカラープロファイルに、さらにファイルを追加する

【 Adobe ICC Color Profiles を入手する】
http://www.adobe.com/downloads/other-downloads.html

WindowsかMacintoshか選択する


ICC profile download for End Users をクリックする



ライセンスや免責事項やその他のいろいろな説明が表示されるので、流し読みで構わないが納得して了承する。
ページの下の方にある Accept ボタンをクリックする



ICC profile download for Mac OS のページになり、含まれる内容物一覧が表示される
このページの下方にある Proceed to Download をクリック



ダウンロードのページに移るので、 Download Now をクリックするとダウンロードが開始される



【プロファイルのインストール】(ドラッグ&ドロップでOK)
RGB profile の ColorMatch RGB と CMYK profile の Japan Web Coated の2つがあれば事足りると思うので、この2つをインストする場合について説明する。

ダウンロードした AdobeICCProfilesCS4Mac_end-user.zip を展開すると Adobe ICC Profiles (end-user) というフォルダが現れる。中身は以下の添付画像の通り。


~/Library (ホームフォルダ → ライブラリ)に ColorSync というフォルダを作成する(既に存在しているなら、それを使う)
ColorSync フォルダに Profiles というフォルダを作成
さらに Profiles フォルダ内に Displays というフォルダを作成

作成した Profiles フォルダ内に Adobe ICC Profiles (end-user) フォルダにある CMYK フォルダにあるプロファイルの必要なもの (JapanWebCoated.icc) を移す。次に、Displays フォルダ内に Adobe ICC Profiles (end-user) フォルダにある RGB フォルダにあるプロファイルの必要なもの (ColorMatchRGB.icc) を移す。

CMYK プロファイルの方は ColorSync Utility.app で画像を開いて、下部のドロップダウンから確認できる


ディスプレイプロファイルはシステム環境設定から確認

2015年3月18日水曜日

エアブローを箱買いしてきた

パソコンの中を掃除すると、冷却用のファンのエアフローに沿って細かい埃がたくさん。エアコンプレッサの水抜き器が壊れており、ホコリ飛ばしには使えないので、HFC-152aというガスが入ったエアブロー缶を購入。

こういうものはすぐになくなるだろうし、ないよりはあったほうが良かろうと考え、注文回数の手間も省くためで購入。ずっしりとした重みはなかなかいい感じ。(エアブロー缶の大人買い

しかし、このエアブロー缶は少し傾けて噴射すると、生ガスがそのまま出てしまうという欠点があった。電子部品とかに霜がつくのはダメだろう、なによりもそのあとの水滴がまずいことになるかもしれない事は明白。

使い切った他社製のエアブロー缶と新品のエアブロー缶を直結し、中の液化したガスを移し替えることにした。中身が入っている方を上にして、下の空の缶に注入するだけ。以外と簡単。

カメラとかの掃除にも便利。

2015年3月11日水曜日

走っても痩せないのは本当

以前、「走っても痩せないよ」という内容でどこかに書いたことがあるが、個人のブログでそんなこと書いても誰も信用するわけないので、追い打ちすることにする。

【衝撃】どんなにヒマでもランニングだけはしちゃいけない6つの理由
http://buzz-plus.com/article/2015/02/10/running/

上記のリンク先の記事の通り、走っても痩せはしない。私の個人的な考えだと、走って体重が落ちるのは最初の頃だけで、徐々に消費カロリーは減っていく。効率よく走れるようになると本当に低燃費で小距離長時間走れるようになる。要するに、最適化されるのでカロリーは消費しにくいし、もちろん痩せない。


確実に痩せるにはものすごく大きく分けて3つ。

【1日あたり4000歩以上、確実に歩く】
これは確実に痩せる。平均で12000歩くらいになると劇的に痩せる。もちろん、続けることが重要。低負荷で長時間の運動は、確実に脂肪を減らし、マッチョにならずに痩せられる。

×【死にかける】
これも確実に痩せられる。1ヶ月ほど寝たきり状態になると全身の筋肉とか脂肪とかがゴッソリ減る。動けないというのがこれほど筋肉を減らすとは想像していなかった。

【深くゆっくりと腹式呼吸】
これはお腹周りの脂肪を減らせる。確実ではあるが劇的には痩せはしないという欠点はある。
ゆっくりと息を吸いながらお腹を膨らませる(風船が膨らむ如く)。それからヘソの下あたりを内側に絞るイメージでゆっくりと息を吐いて、お腹をへこませる。
・仰向けで寝て、お腹に「食品衛生小六法」を乗せて、軽い負荷をかけてやると効果的(オススメしない)。

【やすくておいしいものは危険】
安くて美味しい食べ物は総じてハイカロリーだ。お金持ちじゃないのに太って痩せないのは、日々の食事に原因がある。給料日にたくさん食べちゃう人はその分類に入る。
・キャベツの千切りとマヨネーズとご飯で食事ができちゃう人は大丈夫。
・蕎麦や饂飩は腹持ちが悪いので、間食しやすい。

2015年3月5日木曜日

Firefoxはリンクを開くときにAdblockが機能しない

Firefox 36.0 で weblocファイルを開くと、
・Firefoxが開いている状態でweblocを開くと、Adblockでの広告ブロックは機能する
・Firefoxが閉じている状態でweblocを開くと、最初だけはAdblockが機能しない

FirefoxにアドオンのAdblock Plusをインストールしている環境で、webloc (web internet location) ファイルの開き方でブロックが機能してくれない。

weblocファイルをデスクトップに置き、それをターミナルで開いてみる。
$ open -a Firefox ~/Dsktop/*.webloc

このコマンドを実行すると、デスクトップに置いたweblocファイルをFirefoxで開いてくれる。Firefoxが開いた状態と閉じている状態で表示を比べてみれば、Adblockが機能している状態とそうでない状態がよく分かる。

極端に書くと、危険なリンクを含むウェブページをブロックなしで開かせることが可能だということ。デフォルトのブラウザを何か別のものに変えたほうがいいかも。でも安全なブラウザなんて無いな。

2015年3月4日水曜日

管轄権

内政不干渉の原則とか、管轄権とか、そういうことを知らない国がある。

喧嘩を売っているのと同じ行為なのだが、自分たちは安全な所から石を投げていると勘違いしている。
もうそんな隣国の相手をする必要はないのではないのかと、この私ですらそう考えて冷徹な言葉を発してしまいそうになる。

政治的な緊張状態が長く続く今の時期、右翼ごっこや左翼ごっこに興じるのはかなり愚かで滑稽だ。このままごっこ遊びを続けるのならば、自らの将来や人生までも削っていかねばならなくなる。ここからは覚悟を決めた者だけが進める道になるかもしれない、ということを念頭に入れて欲しい、というかお願いだから不用意に煽るような行動は慎んでいただきたい。
ちょっとした発言や主義主張が、不特定多数に叩かれやすくなるということでもある。簡単に書くと「ギスギスした緊張状態」である。

日本特有の行動として、
嫌いなものや気に入らないものからは、静かに黙って何も語らず離れる
そして二度と関わりを持たない
というのが一番だ。
静かに遠去かり、二度と関係を持たない
これを推奨したい。所謂、戦略的撤退。

2015年3月1日日曜日

白と金か、青と黒か。

インターネットでなにやら騒がしい上の画像。白地に金のドレスか、青地に黒のドレスか、そんなことで騒がしい。背景が白飛びしすぎなのですぐにわかる、「逆光補正かかりすぎ」だと。光量ミス。

補正用のレイヤ(黒100%)を被せ、適当に調整すると以下のようになる。ドレスの背後の様子がかなり見えるようになったはずだ。

 逆光での撮影では明るさ自動補正が過剰に働き、正しい色調にならないことがある。順光で撮影できないときはフラッシュを使うべきだ。