2015年7月27日月曜日

テレビ番組をダメにしたのは、誰あろう、それはお前だお前らだ

テレビ番組がつまらない。よく聞く言葉だ。
実際つまらないからしょうがない。

テレビ番組を見てもらえないとも聞く。

そりゃぁ見ないでしょ、くだらない番組なんて見る価値すらない。


そんなことはどうでもいい。なぜテレビ番組がつまらないのかをずっと考えてきて、一時的な考えがまとまったので書いてみる。

「放送する必要性の低い番組が多い」
芸能人を接待する番組が多い。テレビを見ている側(一般視聴者)は、それらを見せられている状態になってしまい、そのうちに番組自体どうでもいいと気づいてしまう。

「低予算で、食べ歩くだけの番組がものすごく多い」
小洒落た店で上手いもの食って「おいしい」というだけの番組とか、単なるテレビCMでしかない。しかもバラエティー番組だけでなく報道番組においても同じことをする。店の宣伝でしかない(悪いことではない)。

「嘘を真実だと触れ回る」
嘘やデマに近いことを真実であるかのように放送することがある。最近ではニュース番組や報道全般で行われている。少しばかりの誇張は許してもいいが、やりすぎが多い。

「飽きられやすい」
長続きしないお笑い芸人が多すぎる。飽きられるのが早いから、しばらくすると私生活の切り売りで食いつないでいる様子が見える。あなた方がどこに行って友達とこんなことして、何を食べて何時に寝たとか、そんなことどうでもいい。

ここまでは、まあまあ許せる範囲ではあるのだが、テレビをダメにした根本的な部分はもっと別の問題である。「スポンサーがあまりお金を出さなくなった」というのはたしかにあるのだが、スポンサーの注文に全てイエスで答える姿勢が良くない。もっと工夫して苦労してひねり出せと言いたい。

「テレビ画面の中だけで完結している番組が多い」
その番組の関係者だけが楽しいだけの番組が多い。視聴者関係なく進んで行く「一般視聴者完全放置番組」とでも言おうか。芸能人が内輪だけでわかる話をして、会場のお客さんがわっと騒いで、番組制作に関わる人の笑い声が入るバラエティ番組のことだ。自分たちだけで楽しんでいるだけで、視聴者を楽しませようという意図がまるで見えない。

2015年7月16日木曜日

進捗状況

遅々として進まずという状況に変化はないが、1日あたり2時間くらいは作業を進めていくことにしている。
オブジェクトの位置などはまだまだ変更していく必要があるが、概ね添付画像通りの配置になる予定である。非常に細かく描き込んでいるので、色を入れていくのがとても大変なことになりそうだ。

2015年7月2日木曜日

Mac用のアンチウイルスソフト、どれにするか

Mac用のアンチウイルスソフト、いったいどういうものにすればいいのか。Windowsユーザからのスイッチだったりすると、ここのところでかなり悩むことになる。10年くらい前ならば、何もしなくても多分大丈夫だったのだが、Mac以外のApple製品のユーザが増えて、Apple製のOSを狙うマルウェアなども増える傾向があることを考えると、無防備のままではいけないわけである。

Windowsを使っていた頃はウイルスバスターかノートンを使っていたが、Macにスイッチしてからは、最初はノートンで、そのあとはClamXavを使い続けていた。Clamavはメールなどのスキャン用に使っていたが、そろそろもっと高度な検知能力のあるソフトにしたいと思っていた。

さて、どれがいいだろうか。
  • ノートン
  • Bitdefender
  • カスペルスキー
  • ESET
  • X8

ノートンのMac版は主にライトユーザ向けで悪くはない。ESETは軽くて検知能力もそこそこ高いが、Macで使うにはいろいろと面倒なことが多い。カスペルスキーは一部のソフトウェアの動作を邪魔するとも言われていて、そのソフトは自分も使っているので、トラブルが出たりしたら嫌だ。

重要なのは、
「重くないこと」
「重くならないこと」
「面倒な設定を必要としないこと」
この3つが譲れない条件となる。

最終的に Bitdefender を選択した。
このBitdefenderの悪い部分を挙げるならば、UIが日本語化されていないことくらいだろう。こういうのはすぐになれるので問題ない。スキャン前に定義ファイルを最新の状態にしてから実行するのが好きだ(時間かかるけれど、最新の状態にしてからスキャンを実行するというのはいいね)。

2015年7月1日水曜日

Yosemite 10.10.4のtrimforceについて

 OS X Yosemite 10.10.4にアップデートした。
 この10.10.4でサードパーティ製SSDに対するtrimコマンド有効化が可能となった。今までと違い特別なパッチを当てる必要がないのは嬉しい。

 その前にやっておくべきことがある。Trim有効化のパッチを当てているユーザは、それらを無効化しておかないと、システムが起動不能になってしまうことがある。必ずパッチを無効化しておくこと。これについては以下のサイトが役に立つはず。
Yosemiteで「Trim Enabler」使用時にグレー画面で起動できなくなったときの復旧方法
http://www.softantenna.com/wp/mac/yosemite-trim-enabler-recovery/
 ターミナルでのコマンド入力に不慣れだったり苦手な場合は、USBメモリにOS X Yosemite 10.10.3 か 10.10.4 のインストールメディアを作成して OS X を再インストールしてしまえばいい。再インストールといっても、ユーザのデータやファイルなどはそのまま残るので、「上書きアップデートする」とでも考えてくれればいい。

【trimforceを実行してtrim有効化】
/usr/bin にある trimforce というコマンドで有効化を行う。
ターミナルから
$ sudo trimforce enable
有効化するかどうかを尋ねられる( y/N)ので、続行するのならば y を。

【trimforceでtrimを無効化する場合】
ターミナルから
$ sudo trimforce disable

 この trimforce 、何をしているのかものすごく簡単に書くと、
有効化(enable)の場合は、 /System/Library/Filesystems/AppleDataSetManagement.kext を /System/Library/Extensions にコピー
ターミナルでのコマンドなら、
$ sudo cp -a /System/Library/Filesystems/AppleDataSetManagement.kext /System/Library/Extensions/
$ sudo touch /System/Library/Extensions

終わったら再起動

無効化(disable)の場合は、/System/Library/Extensions/AppleDataSetManagement.kext を削除
ターミナルでのコマンドなら、
$ sudo rm -rf /System/Library/Extensions/AppleDataSetManagement.kext
終わったら再起動