2015年10月31日土曜日

喫煙は本当に悪かどうか(百害はある)

いわゆる嫌煙ブームというか喫煙を悪とするのが流行っている。
言いたいこともその理由もわかる。


「喫煙者に鬱の人はいない」とは言わないが、喫煙習慣のある人は鬱になりにくいと言える。根拠はあるので、黙って読んでほしい。

鬱状態の人の脳内ではセロトニンの分泌が減っているというのはご存知だろう。このセロトニンの分泌を即したり補うことができれば快方に向かうことも既知であろう。

喫煙時のニコチンの吸収によりニコチンがセロトニンもどきの働きをしていることも知られている。しかし、本来のセロトニンの分泌を下げてしまっているので、喫煙習慣のある者にとってはニコチンの摂取は脳の活動にとって必要なものとなってしまう「止められない悪習」となる。
ニコチンが切れても本来のセロトニン分泌量には戻らず、分泌量が不足したままの状態が続く。これが回復するまでに相当の時間が必要である。

で、喫煙習慣のないものにとって、セロトニン不足が引き起こす鬱は専門医にかかって治療を始めなければならない。診察に投薬に通院、それなりの出費を覚悟しなければならない。

しかし、喫煙者は鬱になりにくい(他の病気にはなるが)。

鬱の治療には喫煙が効く可能性は高い。しかし喫煙は呼吸器系の疾患の要因でもあるので、他の害は大きくなる可能性はある。
だがしかし、もしかすると低容量のニコチンパッチに効果があるかもしれないと考えるのだ。

一応補足するが、喫煙習慣のある者でも鬱病にはなる。それも確かだ。


2015年10月27日火曜日

El CapitanでGIMP2とInkscape-devel

OS X 10.11.1 El CapitanでGIMPとInkscape-develをインストールするとき、どれだけのパッケージが必要になるのかということで列挙してみた。
MacPortsでのインストールなので、難しいことを考えたり面倒くさいコマンドを打ち込まなくとも、誰にでも簡単にインストールできる(筈だ)。
インストールしているのは GIMP2とInkscape-develとmpvとsmartmontoolsの4つ。この4つを動かすにはとてもたくさんのパッケージが必要になることがわかる。以前はこれらを探して順番にインストールしていったわけだが、もうそんな時代ではない。MacPortsがあれば簡単だ。

xrgもインストールしているので、合計5つだった。

MacPortsにインストール済みのものをそのまま出してみたのが以下のものだ。
これらは2015年10月27日現在の状態。
The following ports are currently installed:
  aalib @1.4rc5_5 (active)
  aspell @0.60.6.1_1 (active)
  atk @2.18.0_0 (active)
  atkmm @2.22.7_1 (active)
  autoconf @2.69_5 (active)
  autoconf-archive @2015.09.25_0 (active)
  automake @1.15_1 (active)
  babl @0.1.12_0 (active)
  bison @3.0.4_1 (active)
  bison-runtime @3.0.4_0 (active)
  boehmgc @7.4.2_0 (active)
  boost @1.59.0_2+no_single+no_static+python27 (active)
  bzip2 @1.0.6_0 (active)
  bzr @2.6.0_0 (active)
  cairo @1.14.2_1+quartz+x11 (active)
  cairomm @1.10.0_3+x11 (active)
  cctools @870_0+llvm37 (active)
  cmake @3.3.2_1 (active)
  coreutils @8.24_0 (active)
  cppunit @1.13.2_0 (active)
  ctags @5.8_1 (active)
  curl @7.45.0_0+ssl (active)
  curl-ca-bundle @7.45.0_0 (active)
  cython_select @0.1_0 (active)
  db48 @4.8.30_4 (active)
  dbus @1.8.16_0 (active)
  dbus-glib @0.104_0 (active)
  desktop-file-utils @0.22_0 (active)
  djvulibre @3.5.27_0 (active)
  docbook-xml @5.0_3 (active)
  docbook-xml-4.1.2 @5.0_1 (active)
  docbook-xml-4.2 @5.0_1 (active)
  docbook-xml-4.3 @5.0_1 (active)
  docbook-xml-4.4 @5.0_1 (active)
  docbook-xml-4.5 @5.0_1 (active)
  docbook-xml-5.0 @5.0_1 (active)
  docbook-xsl @1.78.1_1 (active)
  doxygen @1.8.9.1_0 (active)
  dyld-headers @239.3_0 (active)
  enca @1.15_0 (active)
  enchant @1.6.0_2 (active)
  exiv2 @0.24_0 (active)
  expat @2.1.0_0 (active)
  ffmpeg @2.8.1_0+gpl2+x11 (active)
  fftw-3 @3.3.4_1 (active)
  flac @1.3.1_2 (active)
  flex @2.5.37_1 (active)
  fontconfig @2.11.1_0 (active)
  fop @1.1_0 (active)
  freetype @2.6.1_0 (active)
  fribidi @0.19.6_1 (active)
  gawk @4.1.3_0 (active)
  gcc5 @5.2.0_0 (active)
  gcc_select @0.1_8 (active)
  gd2 @2.1.1_1+x11 (active)
  gdbm @1.11_1 (active)
  gdk-pixbuf2 @2.32.1_0+x11 (active)
  gegl @0.2.0_15+x11 (active)
  geoclue2 @2.2.0_0 (active)
  gettext @0.19.6_0 (active)
  ghostscript @9.16_1+x11 (active)
  gimp-app @2.8.2_2 (active)
  gimp-help-en @2.8.2_0 (active)
  gimp2 @2.8.14_3+help_browser+python27 (active)
  glib-networking @2.46.1_0 (active)
  glib2 @2.46.1_1 (active)
  glibmm @2.44.0_1 (active)
  gmake @4.1_0 (active)
  gmp @6.0.0_1 (active)
  gnome-common @3.18.0_0 (active)
  gnutls @3.3.18_0 (active)
  gobject-introspection @1.46.0_0 (active)
  gperf @3.0.4_2 (active)
  graphite2 @1.2.4_0 (active)
  graphviz @2.38.0_2+pangocairo+x11 (active)
  groff @1.22.3_0 (active)
  gsed @4.2.2_0 (active)
  gsettings-desktop-schemas @3.18.1_0 (active)
  gsl @1.16_3 (active)
  gstreamer1 @1.6.0_0 (active)
  gstreamer1-gst-plugins-base @1.6.0_0+ogg+x11 (active)
  gtk-doc @1.24_1 (active)
  gtk2 @2.24.28_1+x11 (active)
  gtkmm @2.24.4_2+x11 (active)
  gtkspell2 @2.0.16_5+x11 (active)
  gts @0.7.6_3 (active)
  gzip @1.6_0 (active)
  harfbuzz @1.0.6_0 (active)
  harfbuzz-icu @1.0.6_0 (active)
  help2man @1.47.2_0 (active)
  hicolor-icon-theme @0.15_0 (active)
  hunspell @1.3.3_1 (active)
  icu @55.1_0 (active)
  ilmbase @1.0.2_0 (active)
  ImageMagick @6.9.2-4_0+x11 (active)
  indent @2.2.10_0 (active)
  inkscape-devel @0.91.99.14419_0+strict+x11 (active)
  intltool @0.51.0_1 (active)
  isl @0.14.1_0 (active)
  iso-codes @3.62_0 (active)
  itstool @2.0.2_2 (active)
  jasper @1.900.1_10 (active)
  jbig2dec @0.11_2 (active)
  jbigkit @2.1_0 (active)
  jpeg @9a_1 (active)
  json-glib @1.0.4_0 (active)
  lame @3.99.5_1 (active)
  lcms @1.19_5 (active)
  lcms2 @2.7_0 (active)
  ld64 @2_0 (active)
  ld64-latest @253.3_0+llvm37 (active)
  lensfun @0.3.1_0 (active)
  libarchive @3.1.2_1 (active)
  libass @0.12.2_0 (active)
  libatomic_ops @7.4.2_0 (active)
  libbluray @0.9.0_0 (active)
  libcddb @1.3.2_1 (active)
  libcdio @0.93_2 (active)
  libcdio-paranoia @10.2+0.93+1_0 (active)
  libcdr-0.1 @0.1.1_1 (active)
  libcroco @0.6.8_0 (active)
  libcxx @3.6.0_0 (active)
  libdvdcss @1.3.0_0 (active)
  libdvdnav @5.0.3_0 (active)
  libdvdread @5.0.3_0 (active)
  libedit @20150325-3.1_0 (active)
  libexif @0.6.21_0 (active)
  libffi @3.2.1_0 (active)
  libgcc @5.2.0_0 (active)
  libgcrypt @1.6.4_0 (active)
  libglade2 @2.6.4_8 (active)
  libgpg-error @1.20_0 (active)
  libiconv @1.14_0 (active)
  libidn @1.32_0 (active)
  libLASi @1.1.1_1 (active)
  libmacho-headers @870_0 (active)
  libmng @1.0.10_3 (active)
  libmodplug @0.8.8.5_0 (active)
  libmpc @1.0.3_0 (active)
  libnetpbm @10.72.01_0 (active)
  libogg @1.3.2_1 (active)
  libopenraw @0.0.9_6+gnome (active)
  libopus @1.1_0 (active)
  libpaper @1.1.24_0 (active)
  libpixman @0.32.8_0 (active)
  libpng @1.6.18_0 (active)
  libproxy @0.4.11_5+python27 (active)
  librevenge @0.0.2_0 (active)
  librsvg @2.40.11_0 (active)
  libsdl @1.2.15_3+x11 (active)
  libsecret @0.18.3_0 (active)
  libsigcxx2 @2.4.1_1 (active)
  libsndfile @1.0.25_0 (active)
  libsoup @2.52.1_0+gnome (active)
  libspiro @20071029_0 (active)
  libtasn1 @4.7_0 (active)
  libtheora @1.1.1_2 (active)
  libtool @2.4.6_2 (active)
  libunwind-headers @3.6.0_0 (active)
  libvisio-0.1 @0.1.3_1 (active)
  libvorbis @1.3.5_0 (active)
  libvpx @1.4.0_0 (active)
  libwmf @0.2.8.4_8 (active)
  libwpd-0.10 @0.10.0_0 (active)
  libwpg-0.3 @0.3.0_0 (active)
  libxml2 @2.9.2_2 (active)
  libxslt @1.1.28_1 (active)
  llvm-3.7 @3.7.0_0 (active)
  llvm_select @1.0_0 (active)
  lua @5.3.1_2 (active)
  lua52 @5.2.3_0 (active)
  lzo2 @2.09_0 (active)
  m4 @1.4.17_0 (active)
  mesa @11.0.2_0+osmesa+python27 (active)
  mm-common @0.9.7_0 (active)
  mpfr @3.1.3_0 (active)
  mpv @0.11.0_2+audiocd+bundle+dvd+libarchive+network+opengl+osd+python27+rubberband (active)
  ncurses @6.0_0 (active)
  netpbm @10.72.01_0+x11 (active)
  nettle @3.1.1_0 (active)
  nosetests_select @0.1_0 (active)
  openexr @1.7.0_0 (active)
  openjade @1.3.2_10 (active)
  openjpeg @2.1.0_0 (active)
  openjpeg15 @1.5.1_0 (active)
  opensp @1.5.2_2 (active)
  openssl @1.0.2d_0 (active)
  orc @0.4.24_0 (active)
  ossp-uuid @1.6.2_3+perl5_16 (active)
  p5.22-encode-locale @1.50.0_0 (active)
  p5.22-file-listing @6.40.0_1 (active)
  p5.22-getopt-long @2.470.0_0 (active)
  p5.22-html-form @6.30.0_1 (active)
  p5.22-html-parser @3.710.0_1 (active)
  p5.22-html-tagset @3.200.0_4 (active)
  p5.22-http-cookies @6.10.0_1 (active)
  p5.22-http-daemon @6.10.0_1 (active)
  p5.22-http-date @6.20.0_1 (active)
  p5.22-http-message @6.110.0_0 (active)
  p5.22-http-negotiate @6.10.0_1 (active)
  p5.22-io @1.250.0_4 (active)
  p5.22-io-html @1.1.0_0 (active)
  p5.22-io-socket-inet6 @2.720.0_0 (active)
  p5.22-io-socket-ip @0.370.0_0 (active)
  p5.22-io-socket-ssl @2.20.0_0 (active)
  p5.22-libwww-perl @6.130.0_0+ssl (active)
  p5.22-locale-gettext @1.50.0_8 (active)
  p5.22-lwp-mediatypes @6.20.0_1 (active)
  p5.22-lwp-protocol-https @6.60.0_1 (active)
  p5.22-mime-base64 @3.150.0_0 (active)
  p5.22-mozilla-ca @20150826_0 (active)
  p5.22-net-http @6.90.0_0 (active)
  p5.22-net-libidn @0.120.0_4 (active)
  p5.22-net-ssleay @1.710.0_0 (active)
  p5.22-pathtools @3.470.0_1 (active)
  p5.22-scalar-list-utils @1.420.0_0 (active)
  p5.22-socket6 @0.250.0_1 (active)
  p5.22-sub-uplevel @0.250.0_0 (active)
  p5.22-test-exception @0.400.0_0 (active)
  p5.22-test-nowarnings @1.40.0_1 (active)
  p5.22-test-simple @1.1.14_0 (active)
  p5.22-test-warn @0.300.0_1 (active)
  p5.22-uri @1.690.0_0 (active)
  p5.22-www-robotrules @6.20.0_1 (active)
  p5.22-xml-parser @2.440.0_0 (active)
  p11-kit @0.22.1_0 (active)
  pango @1.38.1_0+quartz+x11 (active)
  pangomm @2.36.0_0+x11 (active)
  pcre @8.37_0 (active)
  perl5 @5.16.3_0+perl5_16 (active)
  perl5.16 @5.16.3_1 (active)
  perl5.22 @5.22.0_0 (active)
  pkgconfig @0.28_0 (active)
  pngcrush @1.7.87_0 (active)
  poppler @0.37.0_0 (active)
  poppler-data @0.4.7_0 (active)
  popt @1.16_0 (active)
  psutils @p17_1 (active)
  py27-beaker @1.7.0_0 (active)
  py27-cairo @1.10.0_3 (active)
  py27-crypto @2.6.1_1 (active)
  py27-curl @7.19.0_1 (active)
  py27-cython @0.23.4_0 (active)
  py27-docutils @0.12_0 (active)
  py27-ecdsa @0.13_0 (active)
  py27-gobject @2.28.6_3 (active)
  py27-libxml2 @2.9.2_0 (active)
  py27-lxml @3.4.1_0 (active)
  py27-mako @1.0.2_0 (active)
  py27-markupsafe @0.23_0 (active)
  py27-nose @1.3.1_1 (active)
  py27-numpy @1.10.1_0+gfortran (active)
  py27-paramiko @1.15.3_0 (active)
  py27-pygtk @2.24.0_3+x11 (active)
  py27-pyrex @0.9.9_0 (active)
  py27-roman @2.0.0_0 (active)
  py27-setuptools @18.3.2_0 (active)
  py27-simplejson @3.8.0_0 (active)
  python2_select @0.0_1 (active)
  python3_select @0.0_1 (active)
  python27 @2.7.10_3 (active)
  python34 @3.4.3_5 (active)
  python_select @0.3_6 (active)
  readline @6.3.003_1 (active)
  rubberband @1.8.1_0 (active)
  schroedinger @1.0.11_0 (active)
  shared-mime-info @1.5_0 (active)
  smartmontools @6.4_0+attributelog+savestates (active)
  source-highlight @3.1.8_0 (active)
  speex @1.2rc1_0 (active)
  sqlite3 @3.8.11.1_0 (active)
  texinfo @6.0_1 (active)
  tiff @4.0.6_0 (active)
  urw-fonts @1.0.7pre44_0 (active)
  vala @0.30.0_0 (active)
  w3m @0.5.3_4 (active)
  webkit-gtk @2.4.9_0+video (active)
  webp @0.4.3_0 (active)
  wget @1.16.3_1+ssl (active)
  x264 @20140124_1 (active)
  Xft2 @2.3.2_0 (active)
  xmlcatmgr @2.2_1 (active)
  xorg-bigreqsproto @1.1.2_0 (active)
  xorg-compositeproto @0.4.2_0 (active)
  xorg-damageproto @1.2.1_0 (active)
  xorg-dri2proto @2.8_0 (active)
  xorg-fixesproto @5.0_0 (active)
  xorg-glproto @1.4.17_0 (active)
  xorg-inputproto @2.3.1_0 (active)
  xorg-kbproto @1.0.7_0 (active)
  xorg-libice @1.0.9_0 (active)
  xorg-libpthread-stubs @0.3_0 (active)
  xorg-libsm @1.2.1_0 (active)
  xorg-libX11 @1.6.3_0 (active)
  xorg-libXau @1.0.8_0 (active)
  xorg-libXaw @1.0.13_0 (active)
  xorg-libxcb @1.11.1_0+python27 (active)
  xorg-libXcomposite @0.4.4_0 (active)
  xorg-libXcursor @1.1.14_0 (active)
  xorg-libXdamage @1.1.4_0 (active)
  xorg-libXdmcp @1.1.2_0 (active)
  xorg-libXext @1.3.3_0 (active)
  xorg-libXfixes @5.0.1_0 (active)
  xorg-libXi @1.7.5_0 (active)
  xorg-libXinerama @1.1.3_0 (active)
  xorg-libXmu @1.1.2_0 (active)
  xorg-libXrandr @1.5.0_0 (active)
  xorg-libXt @1.1.5_1 (active)
  xorg-libXv @1.0.10_0 (active)
  xorg-randrproto @1.5.0_0 (active)
  xorg-renderproto @0.11.1_0 (active)
  xorg-util-macros @1.19.0_0 (active)
  xorg-videoproto @2.3.2_0 (active)
  xorg-xcb-proto @1.11_1+python27 (active)
  xorg-xcb-util @0.4.0_0 (active)
  xorg-xcmiscproto @1.2.2_0 (active)
  xorg-xextproto @7.3.0_0 (active)
  xorg-xf86bigfontproto @1.2.0_0 (active)
  xorg-xineramaproto @1.2.1_0 (active)
  xorg-xproto @7.0.28_0 (active)
  xorg-xtrans @1.3.5_0 (active)
  xpm @3.5.11_0 (active)
  xrender @0.9.9_0 (active)
  xrg @2.0.0_0 (active)
  XviD @1.3.4_0 (active)
  xz @5.2.2_0 (active)
  yasm @1.3.0_0 (active)
  youtube-dl @2015.10.24_0+ffmpeg+python27 (active)
  zlib @1.2.8_0 (active)


かなり以前はpopplerのインストールでうまくいかなかったり、最近だとwebkit-gtkがうまくいかなかったりとかもあった。最近は特に困ったこともなくインストールもうまくいく。

iBook G3を買ってOS Xに付属のソフトでは満足できなくてFinkに手を出し、sodipodiというベクターグラフィックソフトに出会い、ずるずるとInkscape0.91まで。初心者のレベルからは卒業できただろうか。

2015年10月24日土曜日

iMac Early 2009にOS X 10.11.1 El Capitanをインストールした

外付けのドライブでのお試しを終え、特に問題なしということでお絵描き用のMac本体へEl Capitanをインストールした。

クリーンインストールではなくアップデートとしてインストールしたが、今の所は大きな問題はない。Googleのメールが受信できないが、面倒がらずにWebブラウザからログインすればいいだけのこと。 受信できなかったメールに関してだが、メーラー側のアカウント設定を削除してから再設定設定したら解決した。

El Capitanへアップデート後、Xcode 7.1用のCommand Line ToolsをEl Capitan用にアップデートする必要がある。インストール後にXcodeを起動し、コンポーネントのインストールを完了させる。

Java 6が必要な場合は、Java For OS X 2015-001 をダウンロードしてインストールするだけ。
https://support.apple.com/kb/DL1572?viewlocale=en_US&locale=en_US



MacPortsでインストールしたパッケージはアップグレードの必要がある。面倒でなければ全部消してチマチマとインストールをやり直せばいい。
一からインストールをし直せば、案外気分がすっきりする(嘘である)。

/opt が見えなくなてしまっているが、chflagsコマンドで表示させる。
$ sudo chflags nohidden /opt
これでOK.

このiMac Early 2009は内臓のドライブをHDDからSSDに換装してあることもあり、ドライブへのアクセスに関係するようなもたつきは一切無い。El Capitanは軽快に動く。OS X 10.11よりも10.11.1の方が良い出来に仕上がっていると感じる。

あとはInkscape-develをインストールすれば作業を再開できる。


2015年10月21日水曜日

進捗状況(画像なし)

1年以上もダラダラと描きなおしていたものが形になりつつある。
全部で16層になった。

3%刻みの線幅調整(手作業での線幅早見表を作ってあるので、これは楽な作業)とストロークの端のチェック(はみ出していないかとかうまく繋がっているかとか)、2重になっているノード(こういうのはストロークが途切れていたりすることがある)がないかをチェック。

それが終わったらドロップシャドウ用の黒一色のレイヤを作成して、各レイヤ毎に位置とサイズの調整。全部のレイヤをPNGで書き出してからGIMPでの作業に移る。
最大の問題点は、GIMPが巨大画像の編集作業に耐えられるかどうかである。耐えられないようなら、そろそろGIMPからPhotoshopへの完全移行となる。

で、試してみた。
予想通り、現状の画像サイズではGMPでの作業はほぼ不可能。グラデーションとぼかし処理を行うだけで数分かかる。画像サイズを半分に下げてごまかすしかなさそうだ。MacProじゃないと高解像度画像の作業はもう無理だ。作りたいものを作るためにもっと良い道具が必要になってしまう。
結局は金次第なんだなぁ。 でも現状では厳しい。

2015年10月13日火曜日

天津の爆発事故の衛星写真

2015年8月に起きた天津の爆発事故。Google Earthで爆心地が見られる。
クレーター状のくぼみが見える。爆発がいかに凄まじいものであったのかがわかるだろう。



2015年天津浜海新区倉庫爆発事故
https://goo.gl/tISYfg

2015年10月12日月曜日

El CapitanはOS Xとして使うだけなら「良」、だが……

OS X 10.11 El Capitan、どうだろうか。
昨日、Yosemiteをクリーンインストールして上書きアップデートでEl Capitanにするというのを試してみた。まっさらの状態でEl Capitanをインストールする場合と体感的な違いは出てくるかどうかを試してみたわけだ。

さて、実際どうだったのかということだが、余計なものを入れていないYosemiteにEl Capitanを上書きアップデートしたほうが若干ながら快適(のような気がする)。どこがどう快適かと尋ねられても困るが、「なんとなくクリーンインストールしたものよりも、まぁ、なんとなく、あれだ、いい感じのような気がする」というレベルではある。

しかし、今の状態のEl Capitanはだね、
使えるレベルに達していないぞ
って感想なのだ。個人的な感想ではある。


OS Xとして使うなら快適だ。
起動するたびにMRTAgentが応答なしになるから終了させたりとか、起動直後の4〜5分ほどはUserEventAgentがかなり忙しく、スタートアップアイテムがもたついたりするとか、いろいろとまだ問題はある。

もう一度書くが、OS Xとして使うなら快適だ。

2015年10月5日月曜日

OS X 10.11 El CapitanでもWindowServerのNice値を変更

通称 Rootless によって保護されている領域への変更や書き込みは、たとえrootであってもできないことになっているわけなのだが、それはあくまでも起動中のシステムからのアクセスであって、起動していないEl Capitanの保護領域は出入り自由である。もちろん、ファイルの書き換えも追加も削除もできるのは当然。

Rootless (SIP: System Integrity Protection) という機能は、アプリケーション(ソフトウェア)の働きによってアクセス権限に関わらずシステムの重要なエリアを保護しているだけであって、そこへのアクセスそのものが不可になっているわけではない。Rootlessが動いていない状態であれば弄り放題である。

El Capitanから作業する場合は「Rootless」という機能を動作しないようする必要がある。リカバリーモードで起動し、ターミナルで csrutil disable を実行して再起動、RootlessがOFFの状態で作業すればいい。作業完了後に再びリカバリーモードで起動し、ターミナルで csrutil enable を実行して Rootless をONにして再起動。
そんなに難しくない。

OS X Yosemiteで起動してOS X El Capitanのシステム内のファイルを操作することは可能である。
 実際にYosemiteからEl CapitanのWindowServerのplistに変更を加えて保存。El Capitanを起動させると、Yosemiteから変更したファイルも問題なく読み込めている。変更部分も反映される。
アプリケーション的にブロックしているだけであって、Rootlessが起動していないのならば、これは何の意味もなさないもののようだ。ファイルの追加や変更も書き込みも可能だ。

El CapitanでのWindowServerのNice値を変更して効果があるのはMetal非対応の機種だけだと思う。 El CapitanでもReniceでプロセス等の優先度を変更できるので、古いMacでもなんとか使えそうではある。

だが、ちょっと待て、
まだまだEl Capitanはサードパーティ製のドライバの動作が怪しいものが少なくなく、まだ常用できる環境が構築できない。しばらくはYosemiteを使い続けようと考えている。

com.apple.mrtとかが10秒間隔で(以下略)

OS X 10.11 El Capitan、10秒間隔で妙なメッセージがシステムログに現れる。

MRT.appに関するデーモンとかがバックグラウンドで動作してるわけらしいのだが(例によって、詳細に調べたわけではない)、はっきり言ってウザい。

SIP (Security Integrity Protection) という通称「Rootless」に関係する部分である。ベータ版のEl Capitanではリカバリーモードでの起動でSIPをOFFにするユーティリティが備わっていたのだが、正式リリース版にはこれがない。ターミナルコマンドでオン/オフは可能だが、セキュリティ上問題が生ずることになり、一般的にはお勧めできない。

気にしなければどうということはないと考えるだろうが、
小さなログでも積もり積もれば塵の山」となるわけで、精神衛生上にも良いものではない。



【RootlessをOFFにする】
起動時に command + r でリカバリ領域から起動

ターミナルを開き、以下のコマンドを実行
$ csrutil disable

シェルを終了
$ exit

システムを再起動


絶対にオススメできないが、全て自己責任の上で試すなり戻すなりすること。

2015年10月4日日曜日

OS X 10.11 El Capitanのインストール後は手動で最適化を

El Capitanのインストール後、ユーザの設定や各種アプリのインストール完了後に必ず最適化の実行を推奨している(個人的にだが)。

El Capitanのディスクユーティリティから「アクセス権の修復」という作業をユーザ側からいちいち実行することが不要となり、どうしてもやりたい人だけがターミナルから実行するということになったわけだが、今回の記事はそれとは関係ない。

ダイナミックローダ(dyld)のキャッシュをクリアしてフレームワークとかライブラリの最適化を行う。アップデートした人もクリーンインストールした人も必ず一回くらいは実行しておいてほしい。不具合の発生を事前に防ぐという効果もある。
ターミナルから以下のコマンドを実行する
$ sudo update_dyld_shared_cache


完了後は exit と入力して実行してシェルを終了し、ターミナルも終了させる。

それからMacを再起動させて完了。

このコマンドは昔からメンテナンスとか最適化とかで知られるコマンドだ。目新しいものではなく、基本知識だ。

2015年10月2日金曜日

El CapitanにInkscape-develをインストール(2015-Oct-11 内容の一部変更と追記)

OS X 10.11 El Capitanに Inkscape-devel を MacPorts でインストールをする。

XQuartz.appのバイナリをインストールせずに、MacPortsから xorg-server 1.16.4_0 をインストールすることにした。 /Applications/MacPorts 以下のディレクトリに X11.app としてインストールされる。
その前に Xcode 7.0.1 と Command Line Tools OS X 10.10 for Xcode 7 をインストールしておくこと。

このxorg-serverのインストールにはちょっとしたクセがあり、ターミナルから sudo port install xorg-server と打ち込んで実行しても途中で止まることがある。

Error: org.macports.build for port xorg-libAppleWM returned: command execution failed
Error: Failed to install xorg-libAppleWM

こんな感じでエラーになることがある。だが慌てる必要はない。

(ここから追記部分)
Error: The following dependencies were not installed: というメッセージがターミナル上に表示されているはずで、その後ろに幾つかのパッケージ名が表示されている。そのパッケージを後端のものから順にインストールして、それから quartz-wm をインストール。
(追記部分ここまで)

以下のように quartz-wm をインストールして、
$ sudo port install quartz-wm
再度 xorg-server をインストールさせると上手くいく。

Inkscape-devel のインストールは sudo port install inkscape-devel を実行すればいいのだが、ものすごく時間がかかることを覚悟したほうがいいかもしれない。El Capitanでのソースからのインストールはなぜかやたらと時間がかかるようだ。
時間はかかったが、何のトラブルもなくインストール完了。止まるとかクラッシュするとかのトラブルは起きていない。


書き忘れたが、Java6は JavaForOSX2015-001 をインストールする。

OS X 10.11 El Capitanを試用

OS X 10.11 El Capitanがリリースされた。早速DLしてインストールする。

いきなり現在のYosemiteの環境にインストールしてしまうと、ドライバやソフトウェアの不具合で動かなくなると困る。そこで外付けのHDDにインストールして、しばらく様子を見ることにする。

Logicool (Logitech)のマウスドライバであるLCCの 3.9.3 は問題なく動作している。同じくLogicool (Logitech)のゲーミングソフトウェアの方は、プロファイルのインポートを行おうとするとクラッシュしてしまった。

Wacomのペンタブレットのドライバの 6.3.14-2 は使えている。ただし、まだ不具合が出てきていないだけという可能性もある。

El Capitanの全体的な使い勝手はというと、悪くはないが特段に良くはないというところか。古いMacでこれだけ快適に動くなら文句はないところではある。MetalというAPIの恩恵を受けられない古い機種でも、かなり快適な体験ができる。

XQuartzとかGIMPとかInkscapeなどはまだ試していない。