2016年7月29日金曜日

ヒポクラテスの誓い

相模原市の障害者施設で凄惨な事件が起きた。許しがたい犯行である。

さて、それはそれとして、絶対に許せないことだが、実はこの事件には許せないことが別にある。

事件を起こした犯人が以前措置入院させられていた病院のスタッフに「ヒトラーの意思が2週間前に降りてきた」と話していた、そういうことをマスコミに話したという部分がまず問題だ。
自分は医療関係者ではないが、ネット検索すれば「守秘義務」なんてものはすぐに出てくる。
病院の人間であるなら、もしくは医療に携わる人間ならば、
刑法134条(秘密漏示)第1項  
「医師、薬剤師、医薬品販売業者、助産婦、・・・の職にあった者が、正当な理由がないのに、その業務上取り扱ったことについて知り得た人の秘密を漏らしたときは、6月以下の懲役又は10万円以下の罰金に処する。」
これを知らないわけはあるまい。
ヒトラーの意思が如何の斯うの(どうのこうの/あれこれと言い立てる様のこと)と話したということをマスコミに開示するのに正当な理由があったのかどうか、そこも問題だ。正当な理由はないと私は考えている。単に「思想的な歪みを持つ人物」というレッテル貼りをしたいだけではないのか。そもそもそんなことを勝手に口外してしまう病院のスタッフが存在しているのかも信じがたい。

事件を起こした犯罪者には一切のプライベートは無いとでも言うのだろうか。鼻の穴からケツの穴まで、何でもかんでも開示しろとでも言うのだろうか。実にいやらしい。

後述となったが、「ヒポクラテスの誓い」について。
「治療の機会に見聞きしたことや、治療と関係なくても他人の私生活について洩らすべきでないことは、他言してはならないとの信念をもって、沈黙を守ります。」と「ヒポクラテスの誓い」に述べられているというのがそれだ。

特に個人のプライベートな部分に深く入り込む精神科などにおいては、守秘義務を守ってくれないのであれば、患者は何を信じて独白すればいいのだろうか。「誰にも話しませんから」とかは建前の話でしかなくなってしまうくらいに危ういものになったのではないのか。

報道側も医療従事者には守秘義務があることくらいは知っていると思うのだが。

2016年7月21日木曜日

たべっ子水族館

ギンビスの「たべっ子どうぶつ」といえば、ハズレのない美味しいお菓子の代表として多くの知人も満足してもらえるお菓子で、昨年の年末は大量に買い込んだお菓子類のなかでもダントツで消費スピードが高かった。とにかく美味しいお菓子の代表といえよう。文句のつけようもなく、老若男女に喜んで食べてもらえるお菓子である。
もちろん、自分もこのお菓子が大好きだ。とくにメープルバターとハニーバターは絶品だ。

そのたべっ子シリーズに「水族館」が加わった。

美味しいビスケットにチョコを染み込ませたという、さらに美味しいくならざるをえない組み合わせとなっているようだ。冷やして食べても美味しいかもしれない。 ← 冷やした場合は、表面に結露が発生してしまい、ベタベタになってしまうので、お勧めはできない。

そして、ホワイトチョコバージョンもある。

2016年7月16日土曜日

Ubuntuでサスペンドから正常に復帰できない場合

XubuntuをインストールしたMacで、サスペンドからの復帰がうまく行かない場合がある。

画面のロックを行う設定はオフにする
  • Light LockerのAutomaticaly lock the sessionは [しない] に設定
  • スリープ状態へ遷移中は画面をロックする のチェックを外す

推奨されたドライバをインストールしておく
デフォルトでインストールされるドライバの X.Org X server ではなく、[プロプライエタリ,検証済み]のドライバをインストールする
たとえば、 NVIDIA binary driverとか、そういうものを。


NVIDIA binary driverをインストールした後、再起動する前にターミナルで以下のコマンドを実行
$ sudo nvidia-config

次に xorg.conf の編集
これもターミナルから行う
$ sudo nano /etc/X11/xorg.conf
xorg.confがnanoエディタで開くので、Deviceセクションに以下を追加記入
Option    "RegistryDwords" "EnableBrightnessControl=1"


BoardNameは有ってもなくてもいいが、記述はあったほうがいい。
上書き保存して、再起動。

サスペンドから復帰させても画面は真っ暗なままの場合が多いはずだが、バックライト調整キー(F2に割り当てられている)を押していけば表示されるので大丈夫。 「サスペンド復帰後に真っ暗なままならF2連打」、ということ。

2016年7月15日金曜日

Xubuntu 16.04 LTSを選択した

半月くらい時間をかけて、どのディストリビューションにするかを検討してきた。最終的にXubuntu 16.04 LTS をMacへインストールすることに決めた。
Xubuntuは比較的軽いウインドウマネージャであるXfceを備え、過度に装飾的なGUIを用いず、使いやすいインタフェースを特徴としている。

自分の使っているiMacにはSSDとHDDを積ませており、SSDはOS Xをそのまま残して使うことにして、iTunesとかiBooksとかのライブラリを残すことに。まだまだOS Xでそれを使いたいというのが理由だ。

HDDの方に幾つかのパーティションを切り、そこへXubuntuをインストールする。
半分はOS Xで使うためのウェアハウスとして、その残りの容量をXubuntuで使う。
実際のインストールの際には、EFIパーティションを「使わない」に設定した(いろんな理由がある)。

添付画像は、インスト後に使いやすくいろいろ弄った後のもの。Xubuntuそのものはしばらく日本語表示で使うことにして、GIMPやInkscapeは英語表示にしている。この壁紙は標準のものではなく、どこかでダウンロードしてストックしていたもの。

使っていて「ここが良い」と感じる部分として、
  • GUIの外観のカスタマイズがやりやすい
  • 追加でインストールしたりせずに様々な変更が可能 
  • これといって大きなトラブルは皆無だった

ちなみに、残念な部分も書くと、lubuntuと比べると文字のアンチエイリアスが汚いことくらいだ。そのくらいは、どこか書き換えてなんとかなるかもしれないからいい。 外観の設定パネルからサブピクセルオーダを[なし]にすることでlubuntuと変わらない綺麗な表示になった。ここをいじればいい感じに文字がきれいに表示される。





コガタペンギン
エチュードハウス(ETUDE HOUSE) ミッシングユー ハンドクリーム #1(FP)

無敵
BIRDER(バーダー)2016年8月号 無敵の「ペンギンガイド」

ジリスは小動物だし……
小動物の飼い方図鑑 (ワイド版・動物図鑑シリーズ)

2016年7月12日火曜日

Ubuntu Studioを入れたMacでバックライトの調整を可能にする

「追加のドライバー」で NVIDIA binary driver をインストールすると、バックライトの明るさを調整できなくなってしまうことがある。この対策にはインストール直後に環境設定ファイルを作って、そのあと再起動させてから設定を書き込んでおくだけで解決する。

以前にもこの問題に遭遇した時、同じようなことを設定したりとかしていたのだが、すっかり忘れてしまっていた。「何か設定したり、書き込んだりしたような記憶があるなぁ」と。

ネットで検索するとすぐに回答が得られた。ありがたい。
MacBook Air Late 2010 on Ubuntu 14.04 (※05/30追記)
http://variedtastefinder.jp/blog.?p=395
上記のページの  起動後セットアップ(重要)  という項を参照。この項に続いてバックライトに関する部分も参照。

〔NVIDIA binary driver -version 340.96を nvidia-340 から使用します(プロプライエタリ、検証済み)〕というのをインストールする。インストールが完了したら、ターミナルで以下のコマンドを入力し実行。
$ sudo nvidia-config
シェルを終了して、システムを再起動。

再起動後に以下のコマンドでxorg.confを開いて編集する。
$ sudo nano /etc/X11/xorg.conf
インストール先となったiMac Early 2009は、MCP79(GeForce 9400M)を積んでいて、BoardNameの所にはGeForce 9400と書いておけばいい。BoardNameはNVIDIA binary driverをインストールする時のパネルに表示されている。
追加記入したら保存して再起動させる。これで完了。
 再起動させて、キーボード上のF1とF2に画面の明るさの調整が割り当てられて機能するのかを確認。間違った記述とかを設定ファイルに記入していなければ、問題なく機能するはず。

次の問題は、再起動させると画面の明るさが最大の状態に戻ってしまうという部分だが、ここについては難航している。
/sys/class/backlight/ に何もファイルが入っていないので、grubの設定をいじっても反映されない。


[改訂第3版]Linuxコマンドポケットリファレンス

IT・デジタルワーカーのための英会話 MP3 CD-ROM付き

2016年7月11日月曜日

「努力したんだからいいじゃない」とか言うけどさ……

「努力したのだから、試験でいい点が取れなくてもいいじゃないか」とか、それは努力していないからいい点が取れないのだろう。努力とはそれに見合うだけの結果が出せていないのならば、それはしていないのとあまり大きな違いはない。
努力はしたのだからいいだろう、とか言うのはダメなやつの逃げ口上の一つだ。

天才は努力しない。
努力しなくとも結果を出せるからだ。

努力家は必ず結果を出す。
そのために努力し続けるからだ。

凡人は努力しても結果を出せないことがある。
努力が足りていないからだ。

怠け者は結果を出せない。
できない理由を探すからだ。

努力して天才とかいうのは違うぞ。勘違いしている人多いね。


そういえば、自分の知ってる人でレズの人居たな(ガチ百合の人もいたっけ……)

2016年7月9日土曜日

Linux-G13-Driverのインストール

Ubunt Studio 16.04にロジのG13を使うためのドライバをインストールする。

その前に、
 WindowsやMacでG13を使う場合はここの記事でインストールするドライバではなく、公式なドライバをインストールする必要があり、それはロジのサイトから入手することになる(ドライバはG13のパッケージに同梱されていない)。
 自分は以下のページからダウンロードした。
http://support.logitech.com/en_us/product/g13-advanced-gameboard



それでは、改めて、Linux用にG13のドライバのインストールの説明を。

Linux-G13-Driverの入手
https://code.google.com/archive/p/linux-g13-driver/downloads/
Linux-G13_1.0-r44.zip(現時点で最新のもの)をダウンロードする

展開先のディレクトリの作成
$ mkdil /home/ログインユーザ名/Linux-G13-Driver

上記のディレクトリへLinux-G13_1.0-r44.zipを展開する

Makefileの修正
$ sudo nano /home/ログインユーザ名/Linux-G13-Driver/Makefile

6行目の後ろへ -lpthread と追加記入して保存
LIBS = -lusb-1.0 -lpthread















 libusb-1.0のインストール
$ sudo apt-get install libusb-1.0

Javaのインストール
$ sudo apt-get install default-jre

Linux-G13-DriverのMakefileを実行する
ZIPファイルの展開先ディレクトリへ移動
$ cd /home/ログインユーザ名/Linux-G13-Driver
"make"を実行
$ make

Xbuntuの場合は、ここでg++が無いよと怒られる。g++をインストールして再度makeを実行する
$ cd
$ sudo apt-get install g++
$ cd /home/ログインユーザ名/Linux-G13-Driver
$ make

 環境によって異なる場合もあるが、
 makeが通らない場合は、表示されるメッセージを読めば足りないパッケージがどれなのか、大概それは表示されている。よく読もう。(← 自分自身への言葉)

Linux-G13-GUI.jarの起動と初期ファイル
上記が無事に終了したら、最初にLinux-G13-GUI.jarを起動させて初期設定ファイルなどを作成させる
カレントディレクトリはそのままで(~/Linux-G13Driverのままで)
$ java -jar Linux-G13-GUI.jar
G13の設定用のGUIが表示され、同時に ~/.G13 というディレクトリが作成される。
この.G13フォルダにキーバインドやマクロの設定ファイルが収められている。

Linux-G13-Driverの起動
$ cd /home/ログインユーザ名/Linux-G13-Driver
$ sudo ./Linux-G13-Driver

キーバインドの設定やマクロとかは、現在格闘中なので、また今度に。


Macでもコマンドは同じようなのがほとんどなので、いらないとは思ったものの、勉強は常に必要だと痛感することが最近多すぎた。


最近は英語とかもあまり勉強してなくて、そうしているうちに徐々に忘れていくんだよね。これも痛感している。

2016年7月5日火曜日

箸くらいは正しく持てて、まともに使えるように

箸の持ち方が明らかに正しくない人は、あなたの親やその家庭の子に対しての躾の程度を表すと言われているのだが、そういうことに対して「どうてもいい」とか「食べられればそれでいい」といった声もある。

「『箸がきちんと持てない=育ちが悪い』っていう風潮ムカつく」 ネットで議論、「正しい持ち方に直せばいいだけ」という声も
http://news.nicovideo.jp/watch/nw2270277?news_ref=top_crank

ならば、
正しく持てて使えるように練習したのか?
正しく使えるように食事の作法を覚えたのか?

 箸を正しく持つことで、 つかむ・はさむ・つまむ・もちあげる・きる・わける・まぜる ということができるようになる。汁物を椀を持って飲む場合、具を口中に入れないように、箸で阻むようにして汁のみを味わうこともできる。硬いものをほぐしたり、やわらかな食べ物を掬ったり、そんなこともできる。
 刺すというのは例外だったりする。

 豆を摘めればそれでいいというのも間違いだ。箸の持ち方を少し変化させるだけで「つまむ」と「はさむ」と「すくう」ができる。この3つは正しく箸を握れてこそできることだ。

 自分は和食は絶対に食べないとまで公言するのであれば、もう箸の持ち方を正しくした方が良いなどと指導したりはしない。

 私は箸の持ち方や使い方に厳しいが、正しく持つように勧める相手は選ぶようにしている。正しく箸が持てていないのに、それについて私が無視しているというのは、まぁ、相手に対して興味を持っていないということで。別の理由として「あなたには何も期待していない」 という意味であると想像してもらっても構わない。

 箸の持ち方について注意や指摘を受けているうちなら、あなたはまだ相手から嫌われていないということだ。指摘されなくなったなら、あなたへの興味は薄れていっているのかもしれないということを憂慮すべき。箸の持ち方や握り方について注意されているということは、あなたの事を気に掛けてもらえているということでもあるのだ。



箸族、フォーク族、手食族、派閥争いの最終結はどうなるんだ!?
エドワード ワン 「箸はすごい」



 日本の箸がなぜ先細なのかとかも、食事で出される料理をうまく食べられるようにするためだったりするんだよ。上手に食べるためには、上手に箸を使えるようにならないといけないんじゃないのかな。そして、その上手な使いの集大成が「現在の正しい箸の持ち方」につながるというわけなんだと私はそう考えているんだよ。

2016年7月4日月曜日

メモリ解放というものには2種類ある

OS Xでメモリ解放というと
purge - メモリ上のものを捨てる
du - 副次作用でメモリの一部を捨てる
この2つがある。

purgeを使うと、再始動したのと同じような状態になり、メモリ上もそうなる。なので、アプリなどが使うためのメモリは再読み込みで使う必要が生じ、その分だけもたつくことになる。これも初回の一瞬だけだが、それでも「カクン」という擬音が似合うくらいに一瞬だけもたつくことになる。
purgeコマンドはアプリケーションの開発などで使うべきもので、メモリ上に読み込んでいない状態から起動させたりとかをするために必要なものだ。一般的な「メモリ解放」的な目的で使えば、その弊害として「もたつき」がもれなく付いてくる、これはハズレなしで「カクン」とくる。

purgeは、
社内社外で待機中の社員も含めて「もう帰っていいよー」っていうやつで、その後に「やっぱ、まだ仕事あったわ、帰ってきてー」っていうもの。そりゃ初回がもたつくわけだ。

duは、
「みんな〜、おるかー?」ってなって、「そんでな、このあとなんだけどな」という副次的なものとして、「外回りの人は出先から直帰していいよー」「待機の人は重要な予定がないなら帰っていいよー」、「まだ仕事してる必要な人は残っといてねー」ってのが結果的に発生するわけ。




まぁ、解放ネタということで……
以下のやつは、ジャケットがガルパンっていうだけで、中身は70年台製作のロシア映画だからね。
ヨーロッパの解放 HDマスター 1 <クルスク大戦車戦> 『ガールズ&パンツァー』コラボレーションジャケット仕様(初回限定生産) [DVD]
ヨーロッパの解放 HDマスター 2 <ドニエプル渡河大作戦> 『ガールズ&パンツァー』コラボレーションジャケット仕様(初回限定生産) [DVD]
ヨーロッパの解放 HDマスター 3 <大包囲撃滅作戦> 『ガールズ&パンツァー』コラボレーションジャケット仕様(初回限定生産) [DVD]
ヨーロッパの解放 HDマスター 4 <オーデル河大突破作戦> 『ガールズ&パンツァー』コラボレーションジャケット仕様(初回限定生産) [DVD]
ヨーロッパの解放 HDマスター 5 <ベルリン大攻防戦> 『ガールズ&パンツァー』コラボレーションジャケット仕様(初回限定生産) [DVD]

2016年7月3日日曜日

妄想先にたたず

相変わらず一部のマスコミは報道という道から外れることを平気で行っている。

なんというか、相変わらずの捏造報道がすごい。ああいった捏造報道を行うマスコミというのは、創作ものは事実とは違うということを理解できていないおバカさんなのだろう。 だから「マスゴミ」と揶揄されるわけなのだが、それすら理解できていなさそうである。
http://goo.gl/y7fZQm

事実がどうであろうと、自分たちが「報道番組内でこういう内容の放送をしたい」という部分が暴走していて、取材の結果よりもストーリー重視に偏ってきているのだろう。創作したらダメだってことくらいわからなくなっているのだから、本当に始末が悪い。

記事というのは、
取材してから書け


妄想や想像や、こういった映像を「事実として」放送したいというのはダメなんだよ。
調べて。さらに調べて、その結果が記事にならなければならないのに、結果(結論)が先にあるのではダメだろう。

常にメモやノートを携帯し、記録する習慣を身につけていくと、結果を導き出す力になると思うんだ。
長年にわたり、ロディアの方眼メモはアイデアのネタの下書きとして役立つ。
ロディア No.11 方眼罫 オレンジ 3冊セット

ロディアのカバーも欲しいところだが、オサレになるのは自分の本道ではないなぁ。
でも、こういうのもすごくかっこいいと思うんだ。
[牛本革]ロディアカバーNo.11サイズ(ミーリングレザー) Business Leather Factory (ブラックネイビー)

2016年7月1日金曜日

お絵描き環境をLinuxへ移行させるために

MacのOS X環境下でのお絵描きではマシンの性能の低さが作業のストレスとなり、なんというか、だんだん描くのが辛くなってきたわけで。新しくお絵描きに特化したマシンを購入するだけの余裕が全くなく、ならばいっそのこと動作の軽いLinux OSへ移行してみようかと考えたわけで。

LinuxでGIMPやInkscapeを使うことへの抵抗感は全くなく、過去にiBook G3を使用していた頃にはVine Linuxとかを試してみたこともあった。それにこれまでもX11環境のソフトウェアを多用してきているので、Linuxに移行しても違和感なく使える。

ただし、iTunesとかiBooksとかは代替がきかないので、OS Xはそのまま使い続けることになる。

さて、インストールするLinuxディストリビューションはどれにするかだが、今まで使ってきて比較的トラブルの発生がほとんどないXubuntuに決めた。軽くて使いやすいXfceウインドウマネージャを備え、カスタマイズも標準のGUIからある程度は可能である。微に入り細に入り外観をいじれるわけではないが、もともと使いやすさに定評のあるXfceはMacユーザでも慣れるのに時間はかからないと思う。

Linuxの導入でMacへのインストール後に困ることは、Wi-Fiがつながらないなどのトラブルだ。自分もこれに何度も遭遇した。これの解決方法は以外と簡単で、インストール前にOS X側のWi-Fi接続をOFFにして、電源をオフにした後にLANケーブルによる有線接続にしておき、Xubuntuのインストール時に「インストール中にアップデートを……」とか「サードパーティの……」のインストールオプションにチェックを入れておくだけで、ネットワーク関連のパッケージが自動的にインストされて使えるようになる。

サスペンド状態からの復帰でモニタが真っ暗なまま(真っ黒なまま)というのがトラブルの一例としてあるが、輝度調整用のキー(F1かF2)を押せば復帰する。

フルキーボードの場合でテンキーからの数値入力ができなかったりするものがあるが、clearキーが NumLockキーになってしまっており、これを押せばテンキーからの数値入力ができるようになる。Xmodmapを編集して別のキーへ割り当てるという方法もある。

GIMPもInkscapeもMacのX11環境下で使うよりも挙動が軽くなる。この点を考えればLinuxをお絵描き環境にしてもいいのではないかとも思う。

残る問題はロジクールのG13を認識させて使えるようにすることと、iMacの冷却ファンをコントロールできるようにlm-sensorsとfancontrolをインストールして設定せねばならないことくらいだ。面倒なのが残った。


GIMPの使用歴は長いけど、GIMPの機能を全部使いこなせているわけじゃなかったりするんだよね。
GIMP 2.8 スーパーリファレンス for Windows&Macintosh

InkscapeはベースとなったSodipodiから使ってきたけど、これも全部の機能を把握できていなかったりするから、何らかの教本みたいなのは持っておいたほうがいい。
自分が購入して、実際によく開いているのは、これ。
Inkscapeスーパーテクニック―無料で使える高性能ベクタードローツール (100%ムックシリーズ)