2016年8月24日水曜日

炭酸水×コーラのWILKINSON、これ好きになった

WILKINSONの炭酸水は有名で、日常的に水代わりに飲んでいる人も多いと聞く。そのWILKINSONの炭酸水にコーラのフレーバーを効かせた DRY COLA なるものがコンビニにあったので、コンビニに立ち寄った時には買うようにしている。糖分は入っていないのでカロリーとかを全く気にすることなく飲めて、食事制限とかしていても大丈夫。

炭酸水の良いところはいろいろなメディアで紹介されているので、特段に書くこともないだろう。コーラの香りがついたということしかない。この「香り」というのは結構重要で、コーラの香りがするだけでかなり美味しく飲めてしまう。

食事中に炭酸水を飲むことを実は勧めていて、口中がサッパリするのと唾液の分泌を促する働きがあるので、食べ物の消化にも一役買っている。こういったことを「炭酸水を飲む理由」の一つに加えてみてもいいのではないだろうか。

2016年8月22日月曜日

紫外線を浴びて酷い目にあった話

ここ数日間、炎天下の中を買い出しに出かけているのだが、強力な日光による紫外線照射によりかなり体調を崩した。嘔吐感と激しい下痢の二重苦である。

春先の場合は、紫外線を浴びた部分に気色悪い紅斑が出まくって嫌なんだが、8月に入ってからは紫外線を浴びても紅斑は出なくなった。

帰宅すると目がかゆい。花粉症で目のまわりがかゆいのと同じ。目薬で対処する。
そして3時間後くらいに激しい下痢。
この繰り返しである。疲れた。

2016年8月20日土曜日

鯖(サバ)

デザインするための資料として魚の体表にある模様をいろいろと調べている。
描きやすさとわかりやすさなら「サバ」が一番だ。

図鑑やネット検索で出てくるサバの模様などでは「真鯖」がなかなか美しいと思う。

さて、スーパーマーケットへの買い出しの時に鮮魚コーナーで魚をジッと見つめて考え込んでいるのが私なのだが、切り身のコーナーにあるノルウェー産のサバは模様がかなり違うことを知った。シマシマ模様なのでマサバやゴマサバとはかなり違う。描きやすいといえばノルウェーサバなのだが、マサバの方が好みだ。

中国産ウナギの蒲焼(大)1尾が880円。まだまだ高いなぁ。
秋刀魚が並び始めている。トビウオもあった。トビウオはイメージ的にキスのやや大きい奴くらいと想像してしまうが、以外にももっと大きく、そして美しい。

2016年8月17日水曜日

El Capitan、動かなくなる【その後】

TimeMachineのバックアップから起動ボリュームを一つ前に戻しながら、何がきっかけなのかを探ることにすべきなのだが、直近にWacomのタブレットドライバのアップデートを行っており、これが怪しいと考えられる。
そこで、タブレットドライバをアップデートする前の状態に戻してみる。

どうやらタブレットドライバのアップデートがなんらかの要因となっていたようで、反応がなくなるなどという不可解な状態にはならなくなった。iCloud DriveをOFFにして、XQuartz.appは念のため再インストールした。

今の所は快調に使えている。

El Capitan、動かなくなる

GIMPで作業中にハングアップというか極端に動作が悪くなることがある。
GUIからの操作がほとんど反応なしになり、キーボードから command + q で終了させて command + control + eject で再起動させるくらいしか打つ手がなくなる。

なんだこれは、いったい何が起きてこんな状態になっているのか?

2016年8月14日日曜日

机上台を

モニタの位置をもう少し高くしたいが、VESA非対応なのでアームを取り付けることもできず。
ならばモニタの下に台を置いてみることにした。
というのがこれまでの状況で、ちょうど1ヶ月くらい前の話になる。

最初はホームセンターで買ってきた角形タイル、そして硬質ゴム板、これらは上手くいかない。
次に、机上台を購入。机上台ということでデスク上の台だ。高さは実測で7.8センチくらい、とりあえずは8センチとしておく。

この机上台、かなり大きくて、横幅58.5センチ、奥行き27センチ。天板の剛性が若干低いようで、モニタがわずかに揺れる。揺れるのは困った。高さがあと5ミリ低くて揺れがなければものすごくいい机上台だったのだが、揺れるのは勘弁してほしい。

ここでひらめいた。
「スシ用の盛台はどうだろうか」と。

盛台なら厚みもあるし、足付ならば高さもほどほどにある。そして丈夫だ(たぶん)。

カッティングボードだともう少しおしゃれな感じになる。

2016年8月11日木曜日

整理整頓していないと恥ずかしい、透明なトランクケース

疚しいものなど入ってなんかいないんだもんね、とばかりにトランクケースが透明。これは綺麗に荷物を入れないとなんだかとっても恥ずかしい。荷物の入れ方でトランクケースの表情が変わるというわけなのだが、カラフルなポーチやインナークッションやバッグオーガナイザーなどで綺麗に荷物を分けて、汚い洗濯物などが丸見えにならないようにしないと。

VIS-A-VIS - TRUNK 68CM CLEAR
http://www.crumpler.com/au/vis-a-vis-trunk-68cm-clear




外から見られること前提で荷物を詰めないと恥ずかしい、ということになるわけで。スマートに収納できるという技も磨かないと、透明なトランクで旅行に出るのは上級者向けの「プレイ」だなぁ、と思うわけで。

小分け用ポーチ
BAGSMART トラベルポーチ 4点セット 出張 旅行 撥水加工 旅行便利グッズ 整理整頓 スーツケースにすっきり収まる 全4色

女性用
Meilleur reve(メイヤーリーブ)【マルチに使える/コンパクト】選べる 4色 トラベル ポーチ 下着 ランジェリー おむつ 哺乳瓶 小物 ケース バッグ

2016年8月10日水曜日

MacPorts版Inkscape-develが軽く(なるかもしれない)

MacPortsでインストールしたInkscape-devel、インストールのオプションでx11をやめてquartzレンダリングに変更するとさらに挙動が軽くなる。

まずはインストール済みのinkscape-develをアンインストール
$ sudo port -u uninstall inkscape-devel

次にquartzを有効にしてx11を無効にしてインストール
$ sudo port install inkscape-devel +quartz -x11

あとは、インストールが終わるまで読書。

感想は「軽い!」って感嘆符が付くくらいに作業が楽になった。特にハンドルを引っ張ったりしてシェイプを調整する作業が体感できるレベルで軽くなった。大満足。

2016年8月5日金曜日

Inkscapeでの作業を軽くするには

Inkscapeでの作業で最もストレスを感じるのが「重い」という部分だろう。

InkscapeはCPUの1コアあたりの性能に左右されるので、単純に「1コアあたりの性能が高ければ作業も軽くなる」ということになる。グラフィックボードやメモリの搭載量が問題ではない。

ノードをドラッグさせてシェイプの変形をする際に、ストロークやパスのレンダリングはドラッグ中に行わないようにすることで 作業が格段に軽くなる。アウトラインの表示も止めるとさらに軽く作業できるが、シェイプの変形具合が分かりにくくなるのでオススメはしない。

透明度を設定するとそのレンダリングの分だけ重くなるので、可能な限り使う量を少なくする。できれば透明度をいじっているオブジェクトは別レイヤにしておいて、表示する必要のないときはレイヤを非表示にするといい。

可能な限りノード数は減らす方向でシェイプを工夫するだけでも軽くなる。一見複雑な形状でも、案外少ないノード数で描けることが多い。シェイプを崩さずにノードを削減していくように工夫してみるしかない。こういったことは機能の問題ではなく技能の問題だから、自分で試しながら習得していってほしい部分だ。それに全然難しくない。

画像のインポートは重くなる原因。これも別レイヤにインポートして、作業時に必要がなければ非表示にしておくことで、作業が軽くなる。

イラストやお絵描きに使う場合、主線のみの画像でいいなら色入れや塗りの行程はラスタ画像専用のツールで行う方がいい。自分の場合は主線をInkscapeで色入れや塗りはGIMPで行っている。同じアプリケーションで作業全てを完結させようとは考えないことが基本。何でもかんでも1つのアプリで作業を完結させるのは無理がある。

2016年8月4日木曜日

El Capitanで、システム起動時にだけメニューバーが真っ黒な場合

システムを起動してログインしデスクトップが表示されてもメニューバーだけ真っ黒なバーになっていることはないだろうか。El Capitanではしょっちゅう起きる現象なので、もう既に気にすらしていない人も多い。それにこれといって何らかの重大なトラブルが発生するわけでもないし、画面をクリックすることでメニューバーは現れてくれる。

この現象、システム環境設定のiCloudの設定を変更すると治る。
iCloud Driveのチェックを外しておくだけでいい。

Macを単独で使っていて、iCloud Driveに何も入れていないうえに、そこにファイルを入れる予定もないなら、これのチェックを外してしまうといい。一気に快適になる。

2016年8月3日水曜日