2016年10月31日月曜日

忘れるために食べる、というマンガ

忘却のサチコ」というマンガ、
これを読むと腹が減り、なんだか無性に食べたくなる。食事制限をしている身としては空腹感をさらに10倍にするほどのインパクトがある。とにかく美味しそうに食べる絵がたまらない。

2016年10月27日木曜日

ようやくADSLから光回線へ切り替えることにした

現在使用中のADSLから光回線に切り替えることにする。メタル回線にさよなら。

光回線に切り替えることで得られるものは
・YouTubeのHD動画が見やすくなる
・MacPortsでサイズの大きなパッケージのDLが速くなる
・大きなサイズの画像をアップロードしやすくなる

ダウンロードにかかる時間を節約できるというのが最大のメリットだなぁ。



2016年10月24日月曜日

自転車でいろいろと移動するのが楽しい

自転車でいろいろなところに行くのが楽しい。
ロードバイクでもない一般車だが、サイコンも付けたしタイヤの空気圧は若干高めにしていい感じになった。目的地を目指して漕ぐのではなく、ただ単に散歩がてら距離を楽しむというだけなのだが、これが結構楽しくなってきた。距離にして20キロから25キロくらい。


このくらいなら回復の方が疲労よりも上回るようで、いつまでも漕いで行ける。
途中の自販機で炭酸水を買って飲むのが癖になった。以外と美味い。

甲状腺機能が亢進しているためなのだろうか、修復の方が優っているだけなのか乳酸が散るのが早いのか、筋肉痛すらおこらないのが嬉しい。

余談だが、
ペダルを踏むのと「引く」というのがあるんだが、踏んで漕ぐやり方だと「引く」のは無理。あの漕ぎ方は「押す」と「引く」という仕組みであって、通常のこぎかたとは使う筋肉が異なるから。クリートとか使っている人ならわかると思う。「片足は押して、もう片方は引く」のであって、「片足は踏み込んで、もう片方で引き上げる」のではない。使う筋肉が違うから、結構痛いよ。

2016年10月17日月曜日

国籍法第14条に違反している議員が野放し状態

重大事実発覚 蓮舫氏最近まで日本国籍選択せず
http://blogos.com/article/194197/
同記事の魚拓
http://megalodon.jp/2016-1016-1504-54/blogos.com/article/194197/

"選挙公報に自ら記した「台湾籍から帰化」も虚偽になる。” ということらしい。これを野放し状態にして党首にまでしたような政党も「足りない」頭なのだろう。掃き溜めには鶴などいないということが示されたと言ってもいいだろう。

2016年10月14日金曜日

「東京」でのオリンピックなのだろうが!!(辛口・塩分控えめ・合成着色料不使用)

オリンピック開催で協力したり協賛したりとか考えるのはかまわない。皆で協力して頑張るのは悪くない。だがしかし、足を引っ張るような行為はゲスだと考えるがどうなのか。
 
東京都が開催地なのだろう
隣接する県や市区町村が協力するのは
まだいいだろう
しかし
そこよりもかなりの遠隔地で競技を行おうとか
そういうことで掻き乱すのは
オリンピック開催の妨害をしているようにしか見えない

オリンピックを口実に
東京観光もしたいと思っている
海外からの客人に対しても
失礼だろうが!
  

地方には地方の利点があるし
会場の設営費用を下げるために協力したいのはいいだろう
競技を見るために移動させられる選手や観客は苦痛だろう

2016年10月11日火曜日

素晴らしいヘラを手に入れたぞ!

テフロン加工のフライパンの表面を固いものでこすらないように気をつけているが、盛り付けの時に使う箆(ヘラ)にナイロン製のやや固い素材のものを使っていて、そこのところは気になっていた。
先日、シリコン製の箆(ヘラ)を購入し、使っている。これが実に優れもので、フライパンの表面をゴリゴリ擦ることなく料理を掬って皿に移すことができる。これは本当にお勧めしたい。いや、お勧めする。


本当にこれは使い勝手がいい。残念な部分をあえて書くとするなら、若干重いくらいだろうか。

2016年10月10日月曜日

「Buriedbornes ダンジョンRPG」が面白い

このゲームがなかなか面白い。
Buriedbornes
http://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/buriedbornes/WebGL/game.html

同じ作者さんのB100もかなり面白かったが、こちらはさらに難易度高めになっていて、サクサクとダンジョンの奥には進めないのが気に入っている部分だ。シーズンイベントもクリアできたし、シールドとか毒とかがかなり有効。



ゲームエンジンのUnityで作成されている。

2016年10月9日日曜日

バラ色の人生のバラの色はどんな色?

バラ色の人生という言葉のバラ色とはどういう色なのか、バラの色の基本色ということでいいのだろうか。実は薔薇の色は赤ではない。薔薇の色は淡紅色(たんこうしょく)である。この淡紅色を「バラ色」と呼び、バラ色の人生は淡紅色と考えてもいい。

Color-Sample.com
淡紅色
http://www.color-sample.com/colors/3946/

淡紅色は #F9CEDE (#F9CEDE)もしくは #EDCCDC (#EDCCDC)である。
やや薄紫よりの淡い紅色を表す。ということらしいので、抑え気味なピンク系がそれっぽいかも。


NHKのアニメ「3月のライオン」が面白そうだ

NHK総合で始まった「3月のライオン」というアニメが良かった。原作のマンガを知らなかったので、つい、映画の方の「3月のライオン」の方を思い出してしまうが、タイトルが同じというだけで別のものだということを知った。

TVアニメ「3月のライオン」公式サイト
http://3lion-anime.com/

NHK総合で始まったアニメの方は少年棋士の物語で、主人公の少年を中心とした優しい物語なのだそうだ。棋士のマンガとしては「月下の棋士」がかなり好きだが、「3月のライオン」は真剣師の物語(「ハチワンダイバー」とか)ではなさそうだ。主人公の少年の家庭環境などの重たい内容も含むようだが、知り合いの姉妹達に精神的に救われているようにも見えた。

初見ながら、原作のマンガを知らなくても十分楽しめるのではないだろうか。自分は十分楽しめそうなアニメだと思う。





小学生の頃に将棋を少しだけ遊んだことはあるけど、全く知恵がないため弱すぎるので、「駒の動かし方くらいしかわからないです」ってごまかすのが逃げの処世術。

2016年10月7日金曜日

バセドウ病は周りの人には理解されにくいので、

 バセドウ病になって一番困るのはもちろん病気の治療なのだが、日常的に困ることは周囲の人にこの病気について知ってもらうのが難しいということ。病院に行って治療していればすぐ治って元気になると考えてしまうが、それは大多数がそうではあるものの一部の症状の人は長期化する。
 この病気は完治させるのではなく、症状をコントロールしていく病気でありそれぞれ人によって病状の経過が異なる。発症後は全身にかなりの負担がかかった状態であり、消耗した状態から治療が始まることになる。心臓とかもガタガタになっているかもしれないわけで、そういう部分も治療していかないとならない。眼球突出が見られる場合は眼科で診察と手術が必要になる場合もある。消耗型の疾患であるため痩せていく。痩せるだけならまだしも、筋肉もごっそりと減るので、見た目も相当悪くなる(実体験)。

 甲状腺ホルモンの値が正常値になるように投薬でコントロールするのが基本で、安定してきたら徐々に投薬量を減らしていき、薬を飲まなくても甲状腺ホルモンの数値が正常な範囲で安定するようにしていくのが目標になる。この正常な範囲で安定するまでにかかる期間は、1年くらいで安定する人もいれば数年以上かかる人もいる。正常な数値の範囲で安定して投薬でコントロールする必要がなくなった状態のことを「寛解(かんかい)」といい、これは完治とは呼ばない。

 バセドウ病が寛解しても、それなりの高い割合で再発することが多く、4人に1人は再発するらしい。自分の場合は最初に安定してから再発までが2ヶ月くらいの短期間で、その後2年くらいかけて寛解させたものの、昨年末くらいから体調が良くなく、年が明けても一向に回復する様子もないため3月頃に病院に行ってバセドウ病の再発なのではないかと検査を受けたところ、やはり再発しており重症化していることを知らされたという次第。なぜ診察に来なかったのかとか勝手に検査をやめたらダメだとか医者に怒られた。
だがしかし、「通院しなくてもいいよ、異常が出たと自覚したら病院に来るように」と指示したのは病院側の方であって、自分には落ち度はないだろう。バセドウ病の再発の疑いを自覚したから病院に来たのに怒られるのは納得いかない。

 自分の場合は難治性のバセドウ病で、投薬による寛解が難しくアイソトープでの治療も甲状腺腫が大きすぎて無理、治すなら甲状腺の全摘(甲状腺を全て摘出する手術)しかない。
投薬治療に使うメルカゾールの副作用がほとんど出なかったので、このままメルカゾールを飲み続けてコントロールしていくことを選択した。手術するのは嫌だというそれだけの理由で投薬治療を選択した。かなり長い付き合いになりそうだ(専門医によれば「あなたの場合は投薬治療で寛解させるのは無理」とのこと)。

 この病気は発症の原因が不明なままだが、発症後に症状が悪くなったり寛解後に再発してしまう要因や原因がわかりやすい。過度なストレスで簡単に再発したり症状が重くなったりするわけで、治療を始めていない場合は風邪をひいたり大きな怪我をするだけで甲状腺クリーゼと呼ばれる重篤な合併症を引き起こして死ぬ可能性がある。仕事上のストレスが続いたり、日常的なストレスの連続でも再発したりするし、寛解したとしてもあまり肉体的精神的なストレスがかかり過ぎない状態にしておかないとならない。筋トレや軽めの運動程度では甲状腺ホルモンの数値が悪くなるようなことはない(実体験)。甲状腺ホルモンの値が正常範囲にあれば、この病気はなんてことない。

 問題なのは、過度なストレスにさらされて一時的に動悸がしたり異常な発汗があったりしている時、周りの人や身近な人が注意すべきことがある、ということ。バセドウ病の人に対して多大な精神的なストレスを継続してかけるようなことをしないでほしい。冗談ではなくて、本当にすぐそれだけで具合が悪くなることがあるのだ。悪い意味で「もう心臓壊れそう〜」みたいになることもある。動悸が激しくなる人もいれば、ちょっとしたことでものすごく怒りの炎が燃え上がる場合もある。この病気は肉体的な部分と精神的な部分に影響が大きい。
 それと、取って付けたような同情とかいらないし、かわいそうとかそういうのもいらない。想像よりもかわいそうじゃないし、病気が煩わしい(わずらわしい)というくらいにしか感じていないので、「大変ですね〜」とかそういう気配り的な言葉には逆にイラっとすることもあったりなかったり。

ある薬があってな、

バセドウ病を再発させて甲状腺腫も以前よりかなり大きめな状態で、しかも難治性のバセドウ病だということで気分がよくなるわけもない。深夜になると心拍数が徐々に上がってきて拍動性の耳鳴りがうるさくてイライラする。耳元でカラスが延々と鳴き続けている状態を想像してみてほしい、しかももう眠りたいのにガーガーギャーギャーと鳴るわけだ。

そんなことはどうでもいいが、昨年あたりに気づいたことがある。
市販されている感冒薬の某製品で独特の匂いと独特の苦味のあるアレのことなのだが、それを飲むと一時的に甲状腺腫が少し小さくなる。なぜ小さくなるのかさっぱりわからないが、この「独特の匂いと独特の苦味のあるアレ」の何かの成分が効果を現しているのだろう。
成分的にアレとアレが効果を出しているような気もするが、どちらも危険な薬物だから絶対に試そうなどとは思ってはいけない代物だ。
風邪をひいた時に再度試してみたいと思っている。

2016年10月6日木曜日

メアドもそれなりに個人情報なんだが

 ずいぶん前の出来事だが、以前知り合いだった人(過去形)が訪れてきて、話の最後に、メールアドレスを教えてほしいというので教えたのだが、今から思えば教えるべきではなかったと思う。

 次から次へと自分の知らない人にメアドを教えてしまっており、しかも事後承諾でもなく「教えておいた」みたいなことを宣うわけだ。実に迷惑である。公開されているメアドではあっても、直接に渡したアドレスは少し意味合いが異なるものだと考えるがどうだろうか。

 あの時、プロバイダのメアドを教えなかったのは判断として正解だった。契約しているISPからもらえるメアドは変更や破棄ができないから、いつまでもついて回るのも困る。

 昔の知り合いほど信用できないものだと聞いたことがあるが、こういうことがあればさもありなんと躱すくらいしかなかろうと思う今日この頃。

2016年10月5日水曜日

ノイズだらけになったJPEGモノクロ線画のノイズ除去

以前にJPEG線画のノイズ除去のやり方を書いたが、さらにもう少しまともなノイズ除去ができるようにしてみた。かなり劇的にノイズ除去ができるので、お急ぎでない御仁やお暇な御仁は試してみてほしい。いや、ぜひ試せ。

ノイズ除去の行程は前回のやり方とほぼ同じだが、アンシャープマスクのパラメータの数値を変更し、ジャギー軽減のガウスぼかしをやめた。それと、カラーレベルの調整を簡単にした。

使用したノイズだらけの画像はネットで拾った煽り用画像というやつで、たぶんなにかのマンガのひとコマなのだろう。ノイズの多さと線の細さがいい具合だったので、これを素材として使う。

前回の行程は以下のリンクに
JPEG圧縮で劣化したモノクロ線画からノイズを減らす
https://barry-tangram.blogspot.jp/2015/06/jpeg.html

 線画の周囲にかなりノイズが乗っているのがわかるだろうか。文字部分の周囲もかなりのノイズが出ている。手作業で取り除くのは難しい。これを素材として使用し、ノイズ除去を行う。

この画像をGIMPでレイヤとして3枚用意して、一番上のレイヤから順に処理していくことになるのは前回のやり方と同一。なので前回のやり方を見ておいてほしい。
JPEG圧縮で劣化したモノクロ線画からノイズを減らす
https://barry-tangram.blogspot.jp/2015/06/jpeg.html

Selective Gaussian Blurの設定は以下のように
Blur radius: 2.00
Max. delta: 30

これ以上小さいとノイズが多く残り、また、 大きい数値にすると線画部分やスクリーントーン部分のドットが抜け落ちたりつぶれてしまう。上記の数値を中心にして微調整は必要だと考える。

 以前のノイズ除去の行程と同じようにレイヤのモードを Grain extract にし、その下のレイヤにマージしていくのは同じ。
追記:某掲示板にて、どうやらマージする行程はいらないという指摘でそれを試したら結局は同じ処理結果になった。なので、レイヤをマージするという行程は不要でいい。マンガの線画に対してはレイヤのモード変更もマージも不要という結論になった。 (何をやってんだ自分は……、もう、全くマヌケなんだなぁ)

次にレベルの調整を行い、ぼかしたノイズ部分を目立たなくするためにレベルの調整を行う。
前回では中央のレベルも調整したが、今回はそれはせずに右端のレベルを弄るだけでいい。元画像のコントラストや黒のレベルを目視で確認して、丁度いいレベルにする。今回は右端のレベルの底あたりで丁度いい感じになった。


完了後の画像と元の画像の拡大した状態のスクリーンショットを貼っておく。一目瞭然の効果だろう。
まずは元のノイズだらけの画像のほう(画像クリックで拡大)

次にノイズ除去後の画像(画像クリックで拡大)

コマの中の文字周辺のノイズが劇的に除去されているのがわかるだろうか。

ここまで簡略化できれば文句は無かろう。