2016年11月29日火曜日

体調が良いのか悪いのか

体調は良い、良いのだが疲労を感じないというのはやはり体調は悪いと考えるべきなのだろうか。筋肉痛にならないし呼吸も乱れにくいし回復が異常に早い。回復スピードが早いのは学生時代から自覚していたが、今の状態はそういう健康的な回復力の高さとは違う感じだ。なんていうか、病的に回復力が高い感じだ。

不健康に体力と持久力が上がっているのがおかしい。

2016年11月26日土曜日

島根県松江市まで行ってみた

 鳥取県米子市の医大のところ辺りから国道9号線で島根県松江市まで行ってみた。普通の自転車で。

 今回は下見と試走(肉体的な問題と体力的な問題があるかどうかを試す)を兼ねて以前のような無茶苦茶な走り方はしない。前日には自転車のチェーン清掃と各部メンテを行ったのでペダルが軽くいい感じだ。

 登坂路や交通の厳しい箇所を避けるルートを考慮に入れていなかったので、少々危険な走行になったのは大きな失敗だ。大きなタンクローリーや大型貨物トラックが横を走り抜けるたび、そこに生じる気圧差で引き込まれそうになる。怖い。もちろん、ドライバーの側も側道に自転車が走っていれば怖いだろう。迷惑かけて申し訳ない。

 次は迂回できるルートを走行することにする。自動車のドライバーに迷惑になるのは良くない。

 とくに問題なく島根県松江市に到着し、宍道湖の湖畔にある遊歩道から水辺に浮かんで波に揺れてる鴨たちを見ながら休憩。松江城を見ておきたかったが、それはまた次の機会にしようと思う。

 次回は松江市内の写真も撮ってこよう。

2016年11月18日金曜日

ワキ汗のシミ防止のパットを使ってみた

 先月くらいから、体調のいい時に運動と散歩と買い出しのついでに自転車で遠出(大した距離じゃない)している。これが実に気持ち良くて、ついつい調子に乗って汗でワキにシミを作ってしまってなんだか恥ずかしい。
女性用にこういったワキの汗を吸収するパットがあることをテレビのCMで見たことを思い出し、そういったものの男性用を購入してみた。

 インナーに着るシャツのワキ部分内側に貼り、早速外出してみる。自転車で 35°19'34.46"N 133°26'30.29"E の位置まで遠出。気温も高めだったのでそれなりに汗をかいたが、ワキの方はジャケットの方に汗のシミはできなかった。インナーのシャツには少々のシミはでていたが、パットが吸収できなかった分がパットの周りにしみた感じになっていた。
 大量に汗をかかなければこのパットはかなり有効だと思う。

このパットにはイオン消臭効果という機能があって、汗の匂いを抑えてくれるらしい。シトラスの香りがして清潔感がある感じもする。この香りは好き好きがあると思うが。

2016年11月17日木曜日

チョコレートってやっぱりすごい!

以前から勉強や資格更新更新試験の前などにチョコレートを食べると記憶力や判断力が増すよと言ったり書いたりしている。本当に効果があるから。

5分でわかる効果 カカオポリフェノール・カカオプロテイン
 http://www.meiji.co.jp/chocohealthlife/efficacy/

上記のページにあるように、脳の活性化に効果があり、認知機能を高められる可能性があるらしい。 アレルギーの改善とかもありがたい効果だと思う。

で、箱買いしてきた。
ココア72%の方はなかなかいい苦さで気に入っている。ミルクチョコレートの方は同居人に。

2016年11月10日木曜日

トランプ氏の側が勝つのは予想済み

アメリカのトランプが次期大統領になるわけだが、なぜこれを予想できない人があんなに多いのか。余計なことを考えすぎて、アメリカの国民性を考えに入れていなかたのだろうか。

答えは単純だ。
背の高い方が好まれる
偉大なアメリカ、強いアメリカ、大きなアメリカ、それの代表である大統領は強く大きくなければならないという潜在的なイメージが選挙結果に大きく影響する。これは以前から知られていることだ、背が高い方が勝つというのは。
実際には背が高ければいいわけではないのだが、背が高くていろんな意味で強そうである候補者が好まれるのは伝統でもある。

トランプ氏の外交能力や知識に関しては、彼が知っている狭い範囲のことだけであり、今後いろいろと知ることで考え方や方向も変わるだろうと考える。例えるなら、彼はまだ肉体以外はティーンエイジャーなのである。ティーンエイジャー特有の空回りな万能感、パソコンとインターネットと検索でなんでも知っているようなそんな万能感を感じているだけで、現実の外のことを体験して知ったわけではない。彼はまだ若いのだ(知識的な面と経験的な面で「蒼い」のだ)。スポーツカーを走らせ速いのは車自体の力だけで速くなっているだけなのだが、それを自分が速いと勘違いしているというアホなのだ。
しばらくは様子見だろう。知ることによって考え方が成長すると信じたい。


2016年11月9日水曜日

その頭痛、もしかしてコーヒー飲みすぎが原因かも

偏頭痛に悩まされていたのだが、カフェインレスのコーヒーにしてみたらかなり楽になった。コーヒーの飲み過ぎによるカフェインの摂りすぎが要因なのではないかと考えられる。
拍動性の頭痛に苦しんできたが、まさかカフェインが影響していたとは思いつかなかった。

カフェインレスのコーヒーに切り替えて3日目ながら、もう既に偏頭痛は出てこないようになった。コーヒーの香りと味が欲しいのでカフェインレスのコーヒーでインスタントのものを探しているが、日本だとあまり店頭に種類がないのが現状で、どうしても通販に頼るしかない。
ネスレのものはスーパーマーケットにも売っているが、不味いし香りもダメだ(もちろん、個人的な感想ですよ)。

色々と買ってはみたが、UCCのドリップ式のはかなりマシなのではないだろうか。


コーヒーが好きで拍動性の頭痛に悩まされているなら、カフェインレスのコーヒーに切り替えてみてはいかがだろうか。


カフェインレスとはいっても、完全にカフェインの成分が抜けているわけではないので、たくさん飲むのはやはり良くないので気を付けて欲しい。

2016年11月7日月曜日

競技用っぽくない自転車用の手袋

自転車だと寒い季節は指先が冷えて痛くなる。どうしても手袋が必要になるが、本格的な防寒用手袋はガサガサモコモコしていて、ハンドルのグリップが甘くなってしまう。かといって、自転車用の防寒グローブはいかにも競技用的なデザインになっており、かっちょいいけど街乗り用の自転車だと気合が空回りして笑いを狙っている感じになりかねない(と、思うんだ)。

自転車用の防寒グローブのインナー用のなら薄手の手袋に見えなくも無い。


自転車用ながら、普通の防寒用手袋っぽいのがいいと思う。


秋冬用のやや薄手のものなら街乗り用の自転車でもいいんじゃないだろうか。もちろん、しっかり防寒機能のあるものの方がより良いが。

2016年11月1日火曜日

周回コースの変更を余儀なくされたわけで(怒り)

買い出し時に運動も兼ねての自転車なのだが、妙な自転車乗りに遭遇してしまい気分が悪いのでコースを変更することにした。
事の一部は某所のフィードにも書いたのだが、少し詳しく書いてみる。
自分の前を走行している人が赤信号で止まり、そこに自分が追いつきちょうど青信号に切り替わり、そして相手を少し追い抜きかけるのだが、その相手が更に加速して自分を追い抜いていく。ここまではいい。その相手が、そのまま追い抜いた速度を維持して明後日の方へかっ飛んでしまえばいいのに、そこからどんどんスピードを落としてしまうから、結局は自分の方が追いついてしまうわけで。そうしたら、まるで不審者でも見るような目つきで睨まれた。あまりにも非道い。追い抜いた速度を維持できずに減速していくからこちらが追いついてしまうわけで、こちらが増速して追いかけてるわけでは決して無い。速度も14km/h以下だった筈だ。通勤通学用な形状の一般車(シティサイクル)でかっちょいいクロスバイクをドヒュン!と抜き去っても構わないが、その姿はどちらに対してもかっこ悪いわけで、そういうのは避けたい。
そのクロスバイクの自転車乗りが女性でなければ、これはこちらに喧嘩を売ってるのと同じ行為だと思うわけなのだが、どうだろうか。追い抜いて速度落として前方でウロウロして睨んでくるとか、気分悪い事この上無い。

というわけで、こういうのに出会いたく無いのでコースそのものを変更して、買い出し先そのものは変更せずに大回りするコースに変更する。それまでは走りやすくていい道だったのだが、この際諦めよう。

国道を東へ6~7km走り、何か曰くのありそうな地区を避け(ストビューでコース予定とする道路を見て、なんかヤバそうな感じの地区は避ける)、今まで走行して自転車乗りにほとんど出会わなかったコースで纏める。自転車走行可能な歩道があるかどうかもチェック。傾斜のきつく無い登りが4か所。コンビニも数件あるので、体調が悪くなったら休憩もできるだろう。
牧場まで行って折り返すのもいいのだが、緩やかながらクソ長い坂道なので死ぬかも(足とか膝が)。

近日中にコースの下見とか別のルートを探しに出かけてみたいと思っている。