2017年4月26日水曜日

クロスサイトスクリプティング

 NoScriptのフィルタに引っ掛かったXSS(クロスサイトスクリプティング)のメッセージ。その下にはアクセスしているサイトが表示させている「このサイトは JavaScript を……」というメッセージの組み合わせ。

 問題のないサイトであろうとは思うが、JavaScriptを使用しなくても動作できるような仕組みも考えてくれてあると利用者側としては嬉しいのだが。

 Flashを使ったサイトとかで、その代替ページや代替表示が用意されていないのが多くなってきている。セキュリティを重視した閲覧をしたいユーザはFlashをWeb上で安易に実行できるようにはしていないだろうし、なんらかの代替ページが用意されているとありがたいこともある。

 上記のこととは関係ないが、ここ最近で嫌な思いをした某組織(アクノソシキではない)で、JavaをインストールしてFlashもインストールしてそれぞれWeb上で実行可能な状態にしないと手続きも更新も登録も何もさせてもらえないという所があった。しかもOSはWindowsでないとダメだとか、しかも最新のWebブラウザは利用不可みたいな状況。
 それ以外の方法での手続きは電子メールで連絡してほしいということだったが、電子メールを送信したら電話で連絡してほしいとか、もうわけわからない。最初から電話連絡でいいじゃん。
その後、某組織(悪の組織ではない)から電話が来て、更新手続きをしてくださいとのこと。丁重なお断りと手続きをしない理由を告げて、更新をしないことを念押し。
 だがしかし、更新手続きをしてくださいという電子メールが届くわけだ(2回も)。
 長年更新を続けていたが、もう今年で最後ということにさせてもらった。



2017年4月23日日曜日

MDR-S40/B到着、だがしかし

注文していたSONYのヘッドホンMDR-S40/Bが到着。早く届いて嬉しい。

折りたたみ式で軽量で、オープン型。
細かな部分までよく出来ている。イヤーパッド部分がやや硬い気もするが、ウレタンパッドなのでこんなものか。

さて、肝心の音なのだが、これがどうにも癖がありすぎて困りものだ。
イコライザ設定を大幅に書き換えないと自然な感じに聞こえてこない。低音域はそれなりに出るのだが、中音域から高音域がスカスカなのである。今まで使ってきた密閉型のヘッドホンと比べればドライバーユニットのサイズや作りが格段に劣るので仕方ない。
簡単に書くと、「音に艶がない」という表現になる。

次はマランツのモニターヘッドホンを買おうと心に決めたのである。

2017年4月21日金曜日

SONY MDR-S40/Bというヘッドホンを……

現在使用しているヘッドホンはオンイヤーの密閉型で、外の音が聞こえにくいのはメリットであるはずなのだが、生活スタイルの変化に伴い外の音が聞こえる方が都合が良くなった。そこでオープン型のヘッドホンに買い換えることに。

色々と悩んだが、SONYのMDR-S40/Bを注文した。
SONY MDR-S40
http://www.sony.jp/headphone/products/MDR-S40/

生産終了品なので、入手できるうちに買っておくのが吉だと感じ、Amazonで注文した。
早く届くといいな。


こういうタイプのヘッドホンで候補にしていたのは以下のもの




KOSSのportaProに食指が伸びないわけではないが、今回はMDR-S40/Bになった。

ずいぶん昔の話だが、自作DACに凝っていた時期があって、ずいぶん変なDACを作った。一番思い出深いのはD/AコンバータICを片チャンネル8個使ったバッテリー駆動式で据え置きCDプレーヤに内蔵させるというものだ。

その頃に、たまたま安く買えたSTAX SR-84というコンデンサ型ヘッドホンが手元にあった(生活に余裕がまあまりなくて、高価なものは買えなかった)。この音がなかなか良いもので、力強さとか低音の響きとかとは無縁の世界ではあったが、音楽を繊細に描くその音に惚れた。「音を耳で見る」という世界があることを知ったのもコンデンサ型のヘッドホンが教えてくれた。

SR-84はいわゆるエントリーモデルともいうべき安価な製品だったが、ダイナミック型とは違うヘッドホンがあるということを知ることができた。今ではトランスが断線したままもう使えなくなったが、まだ捨てることなくしまってある。




2017年4月19日水曜日

顔認識テスト(Cambridge Face Memory Test)やってみた

新生活で人の顔が覚えられないアナタへ送る「顔認識能力テスト」:平均スコア80を越えられるか
http://www.gizmodo.jp/2017/04/cambridge-face-memory-test.html

面白そうなのでやってみた。

さて、結果は……

78%だと大人の平均値よりもやや低めといったところらしい。

コツとしては、人だと思わずに物体だと思い込むこと、だと思う。自分はそういう風に感覚を切り替えて認識力を上げるようにしている。(リザルト100%じゃないと威張れないけどね)

全部西洋人顔なので日本人からするとどれも似たような顔に見えてしまって、なかなか正答率は上がらない。東洋人の顔のテストだった場合はまた違う結果になるだろう。


2017年4月14日金曜日

逃げたダチョウとはなにか

つい最近、中国でダチョウが逃げ出したという報道の映像を見た。
飼育していたダチョウが逃げ出したが、数日で連れ戻されたというような内容だったと思う。
ネット検索で出てきた内容だと、中国、広東省汕尾市で農場から脱走したダチョウが道路を走っているが、そのあと捕まえて農場に戻されたということだそうな。

駝鳥の意味するところはなんだろうか、とか余計なことを考えてみた。
ostrich metaphorで検索するとOstrich effect(ダチョウ効果)なんていうのが見つかる。
「投資家が、ネガティブな財務情報(金融情報)を回避しようとする試み」というようなものだそうな。危機的な状況から脱する際に、ダチョウは頭だけを地面に埋めて逃れようとすることに由来するらしい。要するに危機からは逃れることに失敗しているということになる。

経済は失速しているが、逃れられない危機的状況に陥っているわけではない。経済投資を引き続き行ってほしいということなのだろうか。
危機的な経済情報ではないからまだ逃げるなと引きずり戻された、って考え方もあるな。

膨らませすぎかな。


2017年4月12日水曜日

おいしいインスタントコーヒー

ファミリーマートで販売しているインスタントコーヒーが旨すぎる。
当該のブツはコレなんだが。
http://www.family.co.jp/goods/processed_foods/4020257.html

最初は酸味が強くて好みではないなと思っていたが、それは最初の一口での感想。
本当にオイシイから飲んでみてほしい。

2017年4月10日月曜日

絵が上達する方法に簡単な道は存在しない理由

 絵が簡単に上達する方法を知りたい人は多い。
 簡単に上達できれば苦労はしないわけで、今すぐ上手に描けるようになればいいなと夢想するが、その結論は「無理ですよ」の一言で完結する。

 上手に描けるようになるには、描く練習を続けることしかない。描く技を得るには描くための術が必要になる。もうわかったと思うが、その2つを合わせて「技術」と呼ぶ。

【描くための術とは何か】
 腕全体や手首や指全体や指先が自分の意思で自由自在に、そしてしれらが滑らかに精密に、さらに連携して動かせるかどうかがキモである。

 だから「上手になりたければ粘土遊びをやりなさい」と言うことにしている。指がしっかり動かせることが基本だからである。解説書とか技法が説明してある資料などを眺めたりするだけでは上手に描けるようにはならない。自分で動かないと上達はしない。そして上手になるには腕や指やそのあたりがうまく動かせないとダメだ。
 粘土で指先を使って器用にいろいろなものを作れるようにしたりする練習(遊び)は、指先への微妙な力加減を体得するために大切なことなのだ。そして、普段意識して使うことの少ない薬指や小指を使うよう、粘土をギュウっと握りしめたり潰したり、それをすることで指の動かし方を体得できる。 動かすことが必要ってことだ。

 補助輪をつけた自転車から補助輪を外して乗れるようになるには、乗って練習する以外に道はないわけで、参考書や解説本を読むだけで補助輪なしの自転車に乗れるようにはならない。
 もっと簡単に説明すると、
 野球もしたことないスポーツもしていない人が、ホームランの打ち方を本で読んで理解しても、実際にホームランを打つことはできない
 ということ。

 さあ、わかったのならば毎日描き続けろ。描いた分だけ、動いた分だけ、少しづつだが確実に上達できる。

2017年4月8日土曜日

二次元レイヤから偽三次元化のテスト


拡大したり縮小したりしたレイヤを一点透視図法的なやり方をしてそれを重ね、色の明るさと線のボカシ具合で表現してみるテスト。

わざわざ中心から放射状に線を引いて描かなくても、画像のあるレイヤはその中心点がズレないように縦横の比率を1:1で拡大とか縮小するだけでいい。超絶簡単。

2017年4月6日木曜日

多すぎるスネ毛に悩む人は多い様子(リンク先アクセス注意)

【画像】すね毛うざいから剃った結果www
※ リンク先には青少年の閲覧にふさわしくない画像などが存在しており、くれぐれも自己責任の上でリンク先へアクセスすること。
http://brow2ing.doorblog.jp/archives/1920627.html
つるっつる
快適らしい。



かなり昔のことだが、右足に点滴用の針を刺しっぱなしにしておく必要があるため、綺麗にツルツルにされたことがあった。片足だけってのは変な感覚になる(主に何かに触れた時の感触とか)。なでると自分の足とは違う感触になって不安感。






すね毛を完全に剃ってしまってツルツルにしても、しばらくするとまた伸びてきてジョリジョリになる。だったら短くして少し脱色すると目立たなくなる。「短く刈ってから脱色」がいいと思う。

2017年4月3日月曜日

読むと病むかもしれないマンガ

新学期・新年度が憂鬱な方へ。読むと元気が出るおすすめ漫画3選です!
https://twitter.com/nakashima723/status/848028190798823425/photo/1


おいこら、ちょっとまて、やめろって!!



耐性が低い人に「なるたる」は絶対にお勧めしない。